- 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

2019-10-02 (Wed)

2019/10/02 早期がんの新しい診断手法

2019/10/02   早期がんの新しい診断手法

がんは厄介な病気で、発見が遅れ手遅れになると、生存は難しい。 初期、早期のうちに発見できれば、治癒する確率も高くなるが、初期、早期にがんを見つけることが難しい。 ある程度進行してからでないと、見つけられない問題がある。 その初期のがんの診断について、ここ数年新しい検査方法が開発され、漸く2020年辺りから実用化される見通しとなった。 従来の検査は時間も費用...

… 続きを読む


がんは厄介な病気で、発見が遅れ手遅れになると、生存は難しい。

初期、早期のうちに発見できれば、治癒する確率も高くなるが、初期、早期にがんを見つけることが難しい。
ある程度進行してからでないと、見つけられない問題がある。

その初期のがんの診断について、ここ数年新しい検査方法が開発され、漸く2020年辺りから実用化される見通しとなった。

従来の検査は時間も費用もかかり、受診者の負担が大きかった。
これから実用段階に入る方法は、尿、血液を採取するだけで、複数のがんの診断ができ、その上がんの捕捉率も90%近く、信頼性も高いそうだ。



先ずは、尿1滴でがん検診できる手法が、来年実施されることになっており、年末にかけて実用化に向けて最後の施行が行われることになっている。

胃、大腸、肺、乳、膵(すい)臓、肝臓、子宮、前立腺など15種のがんの診断が可能で、ステージ01の初期の患者は87%検出できたそうだ。
実用化段階でもこの数字を実現できれば、胃や大腸のがんを初期段階で補足できるので、がんの治癒の確率を大きく上げることになる。


『線虫でがん検査、20201月に実用化 約85%の確率で特定 九大発のベンチャー企業

2019/10/1 21:26 (2019/10/1 21:53
更新)
西日本新聞

clip_image001
がん患者の尿に近づく線虫(HIROTSUバイオサイエンス提供)

体長約1ミリの線虫を使ったがん検査の開発に取り組む九州大発のベンチャー企業「HIROTSUバイオサイエンス」(東京)は1日、尿1滴でがんの有無を8割以上の高確率で判定できるという安価な検査法「NNOSE(エヌノーズ)」を、来年1月から実用化すると発表した。検査費用は19800円。健康診断への導入を希望する企業や医療機関、自治体の申し込みを受け付けている。

線虫は土壌などに生息する微小生物。犬より優れた嗅覚で、がん患者の尿に含まれる特有のにおいに近づき、健康な人の尿からは逃げる性質を利用して判定する。がん患者1400人に実施した検査では的中率は約85%に上り、特にステージ01の患者は87%で判定できた。一般的ながん検査「腫瘍マーカー」よりかなり高確率という。

反応するのは胃、大腸、肺、乳、膵(すい)臓、肝臓、子宮、前立腺など15種のがん。現時点では検査でがんの部位までは判明しないが、今後は特定も目指す。

当面は尿を都内にある同社の検査施設に持ち込んで解析する。結果報告まで1週間から1カ月ほどかかる。1年目は25万人分の解析が可能で、従業員健診への導入を目指す企業から問い合わせが相次いでおり、既に約10万人分の検査が予定されている。

同社は2016年、当時九州大助教だった広津崇亮社長が設立。福岡県と同県久留米市の支援を受け開発を進めた。この日、久留米市役所で会見した広津社長は実用化への最終調整として、同市と同県小郡市の職員から希望者約120人を対象に検査し、運用の流れを確認すると明らかにした。

広津社長は「技術的な検証はほぼ終わった。がんの検診率を上げるには画期的な技術が必要。特に子育てや仕事で検診率が低い若い女性の検診率アップにつなげたい」と話した。(片岡寛)
』(西日本新聞)



血液を使う手法も実用化が近づいている。

『血液1滴、早期がん見逃さず 20年にも検査が実用化
2019/6/17
付 日本経済新聞 朝刊

わずか1滴の血液や尿から早期のがんを発見する――。そんながんの検査が早ければ2020年にも一部の人間ドックや健康診断で受けられるようになりそうだ。痛みや放射線被曝(ひばく)のある精密検査を受ける前に、がんの可能性をある程度見分けられる。がんの見落としを防いだり、過剰な検査を省いたりすることにつながる。「痛い」「面倒くさい」といったがん検査のイメージが大きく変わりそうだ。


血液検査で採血した血液の一部でがんを発見できる(イメージ写真)=国立がん研究センター提供
「がんの可能性を言い当てる能力の高さに驚いた」。国立がん研究センター中央病院消化管内科の加藤健医長は、研究に加わっているがん検査技術の威力をこう話す。検査を受けた人のほんの少しの血液を調べることで、乳がんや大腸がん、卵巣がんなど多くのがんを95%以上の精度で発見できた。鍵を握るのはがん細胞が血液中に放出する「マイクロRNA(リボ核酸)」と呼ぶ物質だ。

血液によるがんの検査としては、腫瘍マーカーが広く使われている。がんにかかると血液中に増える特定のたんぱく質や酵素を調べる検査だ。ただ「がんの早期発見という目的では使っていない」(加藤医長)。

例えば胃がんや大腸がんなどの検査に使うCEA(がん胎児性抗原)は「進行がんでも34割の患者しか値が上昇しない」(加藤医長)という。そのため、腫瘍マーカーは主に治療効果を確認したり再発の有無を調べたりする目的で使われている。

この限界を克服するために期待されているのが、血液中のマイクロRNAを調べる方法だ。マイクロRNAは遺伝子の働きにかかわる物質で、体内に約2600種類存在する。そしてがんは早期から、特定のマイクロRNAを分泌することで増殖したり転移したりしている。国立がん研究センター研究所の落谷孝広客員研究員が中心となり、その仕組みを研究してきた。


clip_image002
血液中にどのマイクロRNAが増えているかを調べれば、がんの有無やがんができた臓器を早い段階から予測できる。必要な血液量は50マイクロリットル程度と1滴分だ。この検査でがんの可能性が高ければ、内視鏡検査やコンピューター断層撮影装置(CT)検査で詳しく調べればいい。


落谷氏らは、14年から国立がん研究センターが保存する数万人分のがん患者の血液で効果を確かめた。乳がんで5種類、胃がんで4種類といったように、各臓器のがんで鍵を握るマイクロRNAを特定することに成功。遺伝子解析チップで、マイクロRNAの血液中の量を測ることで各がんを発見できるかを調べた。

この結果、多くのがんを「ステージ(進行度)にかかわらず95%以上の感度で検出できた」(落谷氏)。ステージゼロと呼ばれる、粘膜内にとどまり内視鏡で切除できる早期がんも見逃さなかった。「便潜血検査でも見つかりにくい場所にできる大腸がんも、精度良く検出できた」(加藤医長)という。

新たにがんと診断された3000人の血液でも精度を確かめた。この結果をもとに、研究に参加した企業が、検査キットの製造販売承認を19年内にも厚生労働省に申請する。承認されれば、20年にも一般の人の検査に使えるようになるかもしれない。

落谷氏は、人間ドックなどの健診で受けられるように関連機関などと話を進めているという。当面は数万円の費用がかかりそうだが、将来は公的保険が適用されて安くなる可能性もある。

この検査はがんの発見に加え、がんが疑われたときに精密検査をするかどうかの判断材料にも使えそうだという。例えば前立腺がんでは、腫瘍マーカーが陽性だと前立腺に針を刺して組織を取る生検をすることがある。血尿が出るなど苦痛を伴う検査だ。マイクロRNAを使えば腫瘍マーカーが陽性でも「がんのリスクが低く生検を省ける人を見分けられる可能性がある」(落谷氏)。

現状ではがんと良性病変を区別できないケースもある。人工知能(AI)で数百種類のマイクロRNAを解析することで解決できる可能性があるという。

採血さえ不要な、尿からがんを発見する技術の開発も進んでいる。実はマイクロRNAは血液だけでなく、尿や涙などさまざまな体液に含まれる。これに着目し、尿中のマイクロRNAでがんを発見する技術を名古屋大学発スタートアップのイカリア(東京・文京)が開発中だ。尿に含まれるマイクロRNAは血液中よりも少ないため、これを捉える構造のチップを独自開発した。大阪大学と研究を進めており、肺がんなどを高感度に検出できているという。

微生物の一種の線虫を使って尿からがんを発見するアイデアもある。HIROTSUバイオサイエンス(東京・港)が開発を進めている。線虫はがん患者の尿の臭いに引き寄せられる性質があり、これを利用する。医療機関と協力して約1400人分のがん患者の尿で検証した。胃がんや大腸がんなどを90%前後の精度で検出できたという。

これらの技術は2021年ごろの実用化を目指している。大規模な臨床研究などで有効性が証明されれば、がん検診の項目に加わる可能性もある。

◇ ◇ ◇

■がん検診の受診率向上に期待

がんは40年近くにわたり日本人の死因のトップだ。それにもかかわらず、日本のがん検診受診率は低い。例えば乳がん検診の受診率は、欧米の6080%に対し日本は40%程度。マンモグラフィー(乳房X線撮影)や内視鏡検査など、被曝や痛みを伴う検査が多いことが背景の一つだ。血液や尿でがんの可能性が分かれば「がん検診のあり方が大きく変わる」(国立がん研究センター中央病院の加藤医長)と期待される。

ただし、自治体などが実施するがん検診に組み込むためには課題もある。新しい検査法が「死亡率低下につながるかなどのエビデンス(証拠)が必要」(落谷客員研究員)という点だ。血液中のマイクロRNAを使うがん検査では、全国の自治体と協力して長期間にわたる研究を進める考えだ。

血液や尿を使う検査は将来、がん以外の病気にも応用できる可能性がある。「マイクロRNAは認知症や脳卒中の発症を予測するマーカーとしても有望だ。その可能性を示す研究結果が得られつつある」(落谷客員研究員)という。

(大下淳一)』
NIKKEI STYLE 日本経済新聞朝刊2019617日付]
https://style.nikkei.com/article/DGXKZO46104930U9A610C1TCC000/?page=2



尿を使う方法にしても、血液を使う方法にしても、多くの人が受診し、データを集め捕捉率を検証し、改善を加えて向上させていくことが期待される。

内視鏡による胃や大腸の検査に伴う、苦痛や時間や費用を考えると、尿、血液1滴の採取で検査できるのであれば、受診者の負担を激減できる。




【データ】

HIROTSUバイオサイエンス
https://hbio.jp/crp/outline


食道がんを早期から検出できる血液中マイクロRNAの組み合わせ診断モデル作成
https://www.ncc.go.jp/jp/information/pr_release/2019/0711/index.html





2019-10-02 (Wed)

2019/10/02  日記  落鮎

2019/10/02  日記  落鮎

2019/10/02 (水) 旧暦: 9月4日 祝日・節気:  日出: 5時35分 日没: 17時24分 月出: 9時12分 月没: 19時58分 月齢: 3.36 干支: 壬申 六曜: 赤口 九星: 七赤金星 今日のあれこれ: 落鮎 「落ち鮎」 https://youtu.be/kRAt42gV7ko 『落鮎: 鮎落つ、錆鮎、渋鮎、下り鮎、とまり鮎、秋の鮎 三秋 鮎は九月から十月頃産卵のため三百グラムほどにもなり、下流へと下る。その頃になる...

… 続きを読む

2019/10/02 (水) 旧暦: 94日 祝日・節気:  日出: 535分 日没: 1724分 月出: 912分 月没: 1958分 月齢: 3.36 干支: 壬申 六曜: 赤口 九星: 七赤金星


今日のあれこれ: 落鮎


「落ち鮎」


https://youtu.be/kRAt42gV7ko



『落鮎: 鮎落つ、錆鮎、渋鮎、下り鮎、とまり鮎、秋の鮎

三秋

鮎は九月から十月頃産卵のため三百グラムほどにもなり、下流へと下る。その頃になると腹は赤みをおび鉄が錆びたような色になる。
 錆鮎ともよぶ。産卵した鮎は、体力消耗して、多くは死んで
しまう。それゆえ、一年魚ともされる。』
(季語と歳時記)



落鮎の俳句:


・落鮎や流るる雲に堰はなく  鷹羽狩行


・鮎落つる川ひとすぢに夕映えて   豊田都峰


・落鮎や星大粒に美濃の里  恩田秀子


・鮎落ちて曲なす川の残りけり   片山由美子


・落鮎や日に日に水のおそろしき  加賀千代女




落鮎の季節。
成長し産卵の時季を迎えた鮎は川を下る。
早春、川下で生まれた鮎は、生まれた川を遡る。
小さな身体で急流を跳ねながら登る。
越えられない堰も粘り抜いて乗り越える。
只管登り続ける春も夏も。
苔を食べるほど成長した鮎は最後の仕事産卵を果たさなけれなならない。
 すべては、次世代を残すため。

一匹一匹の鮎に考えはあるのかどうかわからない。
生まれたら登る、時がきたら下る。
そして卵を生む。
それを済ませば生きることは終わる。
それは決まっている。

水は、日々、毎日、春も夏も秋も流れ続ける。
時季も春から夏、そして秋へと刻々と変わっている。
それは決まっている。

落鮎の季。
いつものように、
空に雲は流れ
夕日が川面を赤く染め
空には大きな星が瞬いている
鮎が居なくなった川は変わること無く流れている

すべては流れていく自然の摂理の中、
定めを果たした鮎と水の流れを
千代女は澄んだよく見える眼で見ている。




2019-10-01 (Tue)

2019/10/01 消費税増税 今日から10% 報道は?

2019/10/01  消費税増税 今日から10% 報道は?

今日から、消費税が10%に増税された。 大型家電が前年より2倍売れたとか、高額商品が売れたとか駆け込み購入の話は従来通りだ。 しかし、今回の増税の報道については、気になっている。 安倍政権の選挙のご都合に利用されてきた過去とか軽減税率のまやかし性についての報道がない。 あるのかもしれないが目につかないし、耳に聞こえない。 軽減税率の適用が、店によってど...

… 続きを読む


今日から、消費税が
10%に増税された。
大型家電が前年より2倍売れたとか、高額商品が売れたとか駆け込み購入の話は従来通りだ。

しかし、今回の増税の報道については、気になっている。

安倍政権の選挙のご都合に利用されてきた過去とか軽減税率のまやかし性についての報道がない。
あるのかもしれないが目につかないし、耳に聞こえない。

軽減税率の適用が、店によってどうなるとか、店内と店外の飲食による税率の差、キャッシュレス支払いの場合の還元ポイントとか微に入り細に亘り些末なことばかり報道している。

軽減税率は低所得者救済でも何でも無い。
低所得者救済なら税金を上げなければ良い。

目的は、徴税する政府・財務省による目眩ましだ。
予算の使い方、直間比率、税金の垂れ流しとか消費税の根本的な問題から目を眩ますための策略だ。

われわれ一般人が、目眩まされるのは仕方ないとしても、報道機関には専門家もいるはずだ。
どうして、この様な報道になっているのだろう。

また、政府の報道介入が背後で行われているのだろうか
それとも
報道機関の“忖度”だろうか




『発券できない、旧運賃のまま…消費増税、各地でトラブル
10/1(
) 12:47配信毎日新聞

clip_image002
大阪メトロ=大阪市で201956日、石川直人撮影
消費税増税に伴い、1日、各地の駅で切符が発券できないなどのトラブルが相次いだ。

大阪市で地下鉄を運行する大阪メトロによると、1日朝、増税に伴う運賃改定に合わせて新たに導入した券売機が正常に起動しないトラブルが24駅計57台で起きた。午前710分ごろまでに順次復旧したが、乗客9人が切符を購入できなかったという。同社は9人に乗車証を発行した。原因を調べている。

また京成電鉄(千葉県市川市)では、窓口で乗り越し精算などを行う機械の設定が同県内の4駅で消費税8%で計算した旧運賃のままとなっていた。午前8時半ごろに新運賃に更新。利用者への影響はなかったという。

一方、国土交通省によると、神奈川中央交通▽京都京阪バス▽奈良交通▽西鉄バス北九州――など全国の乗り合いバス9事業者で91930日に計約1万円の誤収受があった。新運賃でシステムを試しに動かした後、旧運賃に戻すのを忘れたり日付の設定を誤ったりしたのが原因だった。現時点では正常に稼働している。

西武バス(埼玉県所沢市)は9月下旬、路線バスの車内で運賃を10円高く受け取るミスがあり、計43人から計430円を過剰に受け取っていた。【松本惇、巽賢司】』
(毎日新聞)






2019-10-01 (Tue)

2019/10/01 日記  後の更衣

2019/10/01 日記  後の更衣

2019/10/01 (火) 旧暦: 9月3日 祝日・節気:  日出: 5時35分 日没: 17時26分 月出: 8時03分 月没: 19時18分 月齢: 2.36 干支: 辛未 六曜: 大安 九星: 八白土星 今日のあれこれ: 後の更衣 「沖縄の海音 10月1日」 https://youtu.be/Th0vxZHDFhQ 『後の更衣 2010/03/25   のちのころもがえ/のちのころもがへ  晩秋     秋の更衣。 陰暦の十月一日。夏衣から秋、冬物に...

… 続きを読む

2019/10/01 (火) 旧暦: 93 祝日・節気:  日出: 535 日没: 1726 月出: 803 月没: 1918 月齢: 2.36 干支: 辛未 六曜: 大安 九星: 八白土星


今日のあれこれ: 後の更衣


「沖縄の海音 101日」


https://youtu.be/Th0vxZHDFhQ




『後の更衣
2010/03/25
 
のちのころもがえ/のちのころもがへ

 晩秋
 
 
秋の更衣。
陰暦の十月一日。夏衣から秋、冬物に着替えることをいう。単に「更衣」といえば夏の季語。』
(季語と歳時記)



後の更衣の俳句:

・海へゆく日であり後の更衣  増成栗人



今日は、101日。
夏物から秋物への更衣の日だ。

しかし、昨日は名古屋、岐阜は最高気温34度。
お昼、日差しの下を歩いたが、真夏の暑さだった。

今日も、暑かった。
とても、更衣どころではない。

この暑さは、台風18号が、南の海の熱風を送り込んでいるためだから、
 通過するまでは残暑だが、その後は秋らしくなるだろう。

暑い間は、更衣を急ぐことはない。




2019-09-30 (Mon)

2019/09/30  日記 九月尽

2019/09/30  日記 九月尽

2019/09/30 (月) 旧暦: 9月2日 祝日・節気:  日出: 5時34分 日没: 17時27分 月出: 6時52分 月没: 18時41分 月齢: 1.36 干支: 庚午 六曜: 仏滅 九星: 九紫火星 今日のあれこれ: 九月尽 「新潟県 小千谷市 錦鯉の里へ行ってきた。 日本庭園 鯉にエサやり」 https://youtu.be/RpTVPd8Cdh0 『九月尽 陰暦9月の末日。秋の終わる日。現在では陽暦の9月末日をいい、秋の深まるころをさ...

… 続きを読む

2019/09/30 (月) 旧暦: 92 祝日・節気:  日出: 534 日没: 1727 月出: 652 月没: 1841 月齢: 1.36 干支: 庚午 六曜: 仏滅 九星: 九紫火星


今日のあれこれ: 九月尽


「新潟県 小千谷市 錦鯉の里へ行ってきた。 日本庭園 鯉にエサやり」

https://youtu.be/RpTVPd8Cdh0



『九月尽

陰暦9月の末日。秋の終わる日。現在では陽暦の9月末日をいい、秋の深まるころをさす。
《季 秋》「はるかに能登(のと)の岬かな/暁台」

(デジタル大辞泉)



九月尽の俳句:


・九月尽なほ捨てきれぬ外れ籤   塩路隆子


・見えて来し未来引き寄せ九月尽   稲畑汀子


・人恋ふや鯉の離れぬ九月尽   前田美恵子




今日は九月三十日。
九月最後の日になってしまった。
月の初めから台風、台風、台風だと言っているうちに最後の日になってしまったような気がする。

最後の日になっても、まだ台風18号は石垣島を襲い、104日には日本海から本州に上陸...等と言っている。


陽暦の930日も九月尽を使うが、本来の九月尽は陰暦ののこと。
 陰暦の九月三十日は、今年は無い。九月の最後は二十九日なので、九月最後の日を九月尽とすれば、新暦1027日が九月尽になる。

陽暦か陰暦かで九月尽の季節感が違ってくる。
陽暦なら夏のおわりか秋の始まり、
陰暦なら秋の終わりの季節感。

例句の3句は、おそらく陽暦だろう。
過去を引きずる人
未来に生きる人
9
月の終わりは人それぞれ。

前田は鯉に餌をやっているのだろうか。
人が恋しいのは鯉だけではない
それは自分が一番良く知っている。





2019-09-29 (Sun)

2019/09/29  テンプレートを再び変更した

2019/09/29  テンプレートを再び変更した

また、テンプレートを変更した。 よくご来訪頂く読者の方は、何をしているのかと思われるに違いない。 事情は、google SearchConsoleのエラーの指摘にある。 23日にテンプレートの変更を行ったが、これは表示されるフォントの太字部分が安定しない問題を解決するためだった。 変更により、文字の表示問題は解決したが、文字が小さすぎるとの指摘がgoogle SearchConsoleからあった。  判らないながらも、スタイルシートを...

… 続きを読む


また、テンプレートを変更した。
よくご来訪頂く読者の方は、何をしているのかと思われるに違いない。

事情は、google SearchConsoleのエラーの指摘にある。
23
日にテンプレートの変更を行ったが、これは表示されるフォントの太字部分が安定しない問題を解決するためだった。

変更により、文字の表示問題は解決したが、文字が小さすぎるとの指摘がgoogle SearchConsoleからあった。
 判らないながらも、スタイルシートを編集し、フォントサイズを大きくした。文字の表示は大きくなり見やすくなった。

これで一安心と思ったが、そうはならなかった。

google SearchConsole
から今度はモバイルユーザビリティーの問題があると連絡を受けた。

FC2
ブログのテンプレートはPC用とスマフォ用は別になっている。
 どうやらスマフォ用に問題があるらしい。

指摘のエラー項目は4つある。
・クリック可能な要素同士が近すぎます     
・ビューポートが設定されていません         
・互換性のないプラグインを使用しています            
・テキストが小さすぎて読めません



問題の解決方法を調べてみると、テンプレートの新しいスタイルには、レスポンシブ形式のテンプレートがあるそうだ。

レスポンシブ形式のテンプレートを使用すると、ページをアクセスした端末がPCなのかスマホなのかにより自動的に表示を変更し、PCでもスマホでも見やすく表示されるそうだ。

FC2
の共有テンプレートでレスポンシブ形式のテンプレートを探してみると、意外に多くのものがあった。

その中に、22日まで使用させていただいたテンプレート「serene_resp2c-r」の新しいバージョンがあった。
 これを使って、プレビューすると、太文字の乱れもなく、文字サイズも適当な大きさになった。

この様な経過で、再度テンプレートを変更する結果になった。

PC
とスマフォで菜花亭日乗を訪問してみると、確かにPCでもスマホでも画面が端末に合わせて表示されている。

これでgoogle SearchConsoleさんも満足してくれるだろう。
と思う。





2019-09-29 (Sun)

2019/09/29  日記  夕月夜

2019/09/29  日記  夕月夜

2019/09/29 (日) 旧暦: 9月1日 祝日・節気: 朔 日出: 5時33分 日没: 17時28分 月出: 5時41 月没: 18時05分 月齢: 0.36 干支: 己巳 六曜: 先負 九星: 一白水星  今日のあれこれ: 夕月夜 (季語とこよみ https://floweryseason.com/aki-tsuki/#i-11 より転載) 『夕月夜: 夕月夜、夕月、宵月、宵月夜 ...

… 続きを読む


2019/09/29 (日) 旧暦: 91日 祝日・節気: 朔 日出: 533分 日没: 1728分 月出: 541 月没: 1805分 月齢: 0.36 干支: 己巳 六曜: 先負 九星: 一白水星 



今日のあれこれ: 夕月夜


clip_image002
(季語とこよみ
https://floweryseason.com/aki-tsuki/#i-11
より転載)



『夕月夜: 夕月夜、夕月、宵月、宵月夜

仲秋

仲秋の季語。陰暦八月の二日月から上弦の頃までの月をいう。この頃の月は出が早く、光は弱く、夜半には没するので、はかない感じがある。それゆえ王朝貴族たちに愛され、詩歌に盛んに詠み継がれた。』
(季語と歳時記)



夕月夜の俳句:



・見送りし機影遠のく夕月夜  卜部黎子


・山車降りてひよつとこ舞へり夕月夜  山田春生


・狐出て人に餌を乞ふ夕月夜  飯塚秀城


・今生の端に父臥す夕月夜  柴田佐知子




月を観る九月ももう残り二日になった。
今日はまだ取り上げていない月の季語として夕月夜を選んだ。

満月とは違って、夕月夜は登るのが早く、弱い光で、夜半には隠れてしまう、儚さが好まれて、王朝貴族に愛されたとのことだ。

確かに名月とは趣の違う月だ。

俳句でも、夕月夜は名月とは違い、心の襞に触れるようなドラマチックな光景を背景に懸かっている。
柴田にとって夕月夜は父の思い出とは切り離すことのできないドラマを生むのだろう。






2019-09-28 (Sat)

2019/09/23 ブログの月別記事表示とカテゴリー別記事表示をプルダウン化した

2019/09/23 ブログの月別記事表示とカテゴリー別記事表示をプルダウン化した

ブログをgooブログからFC2へ変更してから半年が経過した。 Gooブログの頃は、毎日500人程の訪問者があったのだが、FC2に変わると、当初は10人にも満たない訪問者だった。 これは、検索エンジンに於いて、データがgoo時代の儘になっており、FC2が表示されないことが原因と考えられた。 そこで、googleの検索に乗せるべくSearch Consoleへの登録を行い、インデックスに記事を登録する作業を行ってきた。 これは、暫く掛か...

… 続きを読む


ブログをgooブログからFC2へ変更してから半年が経過した。

Goo
ブログの頃は、毎日500人程の訪問者があったのだが、FC2に変わると、当初は10人にも満たない訪問者だった。

これは、検索エンジンに於いて、データがgoo時代の儘になっており、FC2が表示されないことが原因と考えられた。

そこで、googleの検索に乗せるべくSearch Consoleへの登録を行い、インデックスに記事を登録する作業を行ってきた。
これは、暫く掛かりそうだ。

ブログの体裁については、あまり手をかけてこなかったが、このところ気になることがあり、テンプレートの変更を始めた。

先日は、文字の太字表示が乱れることを避けるためにテンプレートを変更した。

今日は、気になっていたサイドメニューの過去の月別表示とカテゴリー別表示をプルダウン化した。
 これで、サイドメニューの圧迫感がなくなり、スッキリした。

FC2
gooとは違って、テンプレートのコードを自由に変更できるので、力があれば全くオリジナルの画面も作ることができる。

将来は、テンプレートを自由に操れる様になる日が来るかどうかはわからないが、その方向に進みたい。






2019-09-28 (Sat)

2019/09/28  日記 衣被

2019/09/28  日記 衣被

2019/09/28 (土) 旧暦: 8月30日 祝日・節気: 社日 日出: 5時32分 日没: 17時30分 月出: 4時28分 月没: 17時29分 月齢: 28.68 干支: 戊辰 六曜: 先勝 九星: 二黒土星 今日のあれこれ: 衣被 「里芋の蒸し物(皮むきを簡単にする下ごしらえ)」 https://youtu.be/gbgN388DwgY 『衣被(きぬかずき、きぬかづき) 初秋 子季語: 黒いもむし 関連季語: 芋 解説: 里芋の子芋を皮の...

… 続きを読む

2019/09/28 (土) 旧暦: 830 祝日・節気: 社日 日出: 532 日没: 1730 月出: 428 月没: 1729 月齢: 28.68 干支: 戊辰 六曜: 先勝 九星: 二黒土星


今日のあれこれ: 衣被


「里芋の蒸し物(皮むきを簡単にする下ごしらえ)」


https://youtu.be/gbgN388DwgY



『衣被(きぬかずき、きぬかづき) 初秋

子季語: 黒いもむし
関連季語: 芋
解説: 里芋の子芋を皮のまま茹でたもの。熱いうちに指で芋をつまみ、つるんと中身を取り出し塩をふって食べる。
旧暦八月の十五夜に団子などと一緒に供える。
女性が外出の際、頭から小袖をかむっていた姿を想像させるところからこの名がある。
来歴: 『俳諧歳時記』(享和3年、1803年)に所出。

(季語と歳時記)



衣被の俳句:


・衣被歌舞伎もどきの早変り   宮内とし子


・衣脱がぬこやつはしこめ衣被  稲岡長


・衣被ぎつるり裸になりたるよ  鈴木京子


・衣被ぎ跳んで気まづさほぐれをり   後藤とみ子


・衣被つまむ指にも為人   山田夏子




里芋の美味しい季節になった。
旬の里芋だからそれを頂くイベントが続く、名月の間は欠かせないし、北の国では芋煮会がある。

その為か、良い里芋が店頭にない。
大きすぎるとか小さすぎるとか偏りがあり、適当な大きさのものがない。
 まだ出荷が少ないのか、異常気象のお蔭なのか。

里芋は煮ても良いし、汁の種でも良いし、美味しく頂く方法はたくさんある。
 中でも、日本酒の肴であれば衣被。
季節のものでもあり、酒の味の邪魔をしないので、肴としてはありがたい。

皮が残っていないものは衣被ではない。
だが、皮を取り扱うのが簡単ではない場合もある。
良くできたものは、皮をつまんで少し指先に力を入れれば、するりと皮から里芋が現れる。

そうは行か無いこともあるから厄介だ。
俳人たちも、その光景を詠んでいる。

力を入れすぎて、芋がロケットのように飛び出してしまうこともある。
 ご愛嬌でもあるが、チョイと恥ずかしくもある。

確かに、衣被をつまむ指にもその人毎の性格が現れる。
たかが衣被、されど衣被だ。


どうでも良いことだが、「衣被」のひらがな表記について。
記事を書く場合、パソコンではGoogle日本語入力を使っているが、「きぬかずき」、「きぬかづき」では漢字変換ができない。
 日常会話では「きぬかつぎ」と言ったりするので、「きぬかつぎ」を入力するが駄目だった。

仕方がないから、個人用辞書に「衣被-きぬかずき」を登録した。

衣被は、以外に手強いところもある。





2019-09-27 (Fri)

2019/09/27  日記 曼珠沙華

2019/09/27  日記 曼珠沙華

2019/09/27 (金) 旧暦: 8月29日 祝日・節気:  日出: 5時32分 日没: 17時31分 月出: 3時15分 月没: 16時51分 月齢: 27.68 干支: 丁卯 六曜: 赤口 九星: 三碧木星 今日のあれこれ: 曼珠沙華 「真っ赤に燃える巾着田の500万本曼珠沙華(彼岸花)見ごろ  (5,000,000 cluster amaryllis best time in a rice field to a margin)」 https://youtu.be/K9MNvM-xfM8 『曼珠沙華(まんじ...

… 続きを読む

2019/09/27 (金) 旧暦: 829 祝日・節気:  日出: 532 日没: 1731 月出: 315 月没: 1651 月齢: 27.68 干支: 丁卯 六曜: 赤口 九星: 三碧木星


今日のあれこれ: 曼珠沙華


「真っ赤に燃える巾着田の500万本曼珠沙華(彼岸花)見ごろ  (5,000,000 cluster amaryllis best time in a rice field to a margin)」


https://youtu.be/K9MNvM-xfM8



『曼珠沙華(まんじゅしゃげ) 仲秋
2011/03/14

【子季語】
彼岸花、死人花、天蓋花、幽霊花、三昧花、捨て子花、したまがり、狐花、まんじゆさげ

【解説】
曼珠沙華は天界に咲く赤い花を表す梵語。秋、田畑の畦や土手に咲くヒガンバナ科の多年草で群生する。墓地の近辺にみられることも多いため彼岸の名がつく。毒があるといわれるが鱗茎には澱粉が多く食用にもなる。昔は飢饉に備えて植えられていたという説もある。

【科学的見解】
曼珠沙華の標準和名は、彼岸花(ヒガンバナ)である。ヒガンバナは、ヒガンバナ科ヒガンバナ属の多年草であり、日本全国の野山で普通に見られるが、在来種ではなく中国から渡来した外来種とされている。開花後、種子は作らず、球根(鱗茎)で増える。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)

 
 
曼珠沙華の俳句:


・曼珠沙華野の篝火となりしばし   彦坂範子


・鬱々と紅こがし曼珠沙華   山田景司


・鬱癒えて燃ゆるもの欲し曼珠沙華   沼口蓬風


・曼珠沙華燃ゆる想ひの遠き日よ   郷地美代子


・曼珠沙華墓まで持ちて行く秘密   原嶋光代




動画の撮影地埼玉県日高市の巾着田曼珠沙華公園は500万本の曼珠沙華が咲く日本一の群生地だそうだ。
 今年は、異常気象のためか、開花が少し遅れているが、満開は近づいているそうだ。

曼珠沙華(彼岸花)は田んぼの畦や川岸に植えられて居ることが多く、ありふれた花だが、一面見渡す限りの群生というのは、見られない光景だ。

曼珠沙華の花は、一つひとつの花もよく見ると、花びらの中心に蕊がある一般的な花のイメージとは随分違っている。
 何か人工的に作られたアートの様な容姿をしている。

見る限り群れ咲いた曼珠沙華の燃え立つような紅の色は、この世離れしているかも知れない。


曼珠沙華の花を見る気持ちは、男と女と違うようだ。
男の山田、沼口は鬱の心を背景に曼珠沙華を詠んでいる。


下の2句は女性の句だが、同じことを詠んでいるのだろうか。

過去のある日の出来事。
それが何かはわからないが、曼珠沙華がその何かを触発して思い起こさせる。

「燃ゆる想ひ」も「秘密」も秘されてわからない。

原嶋は、生涯秘密というが、閻魔様を前にして、秘密がバレないと思っている...





2019-09-26 (Thu)

2019/09/26  日記 秋日和

2019/09/26  日記 秋日和

2019/09/26 (木) 旧暦: 8月28日 祝日・節気:  日出: 5時31分 日没: 17時33分 月出: 2時02分 月没: 16時10分 月齢: 26.68 干支: 丙寅 六曜: 大安 九星: 四緑木星 今日のあれこれ: 秋日和 「讃岐屋島 ざいごうどん本家 わら家の水車【スローモーション】」 https://youtu.be/dWVXy_GQhEs 『秋日和(あきびより)三秋 2011/05/19 【解説】 秋のよく晴れた一日をいう。風もなくお...

… 続きを読む

2019/09/26 (木) 旧暦: 828 祝日・節気:  日出: 531 日没: 1733 月出: 202 月没: 1610 月齢: 26.68 干支: 丙寅 六曜: 大安 九星: 四緑木星


今日のあれこれ: 秋日和

「讃岐屋島 ざいごうどん本家 わら家の水車【スローモーション】」

https://youtu.be/dWVXy_GQhEs




『秋日和(あきびより)三秋
2011/05/19

【解説】
秋のよく晴れた一日をいう。風もなくおだやかなので外で過ごす のも気持ちよい。空気が澄んでいるため視界も広がり、風景など もはっきりと見える。』
(季語と歳時記)



秋日和の俳句:


・雨乞ひの八坂祭も秋日和   牧原佳代子


・教え子に囲まれ嬉し秋日和   荻野寿子


・噂など生まれベンチの秋日和   小城綾子


・何もかも洗ひたき日や秋日和   黒滝志麻子


・うどん屋に水車のまはる秋日和   苑実耶




今日も秋晴れの良い日になった。
陽射しは強いが風がさらりとして爽やかだ。

来週は秋雨前線ののお陰で、天気は崩れるそうだが、その前の晴れの日だ。


豪雨も雷も雪も竜巻もなく、穏やかに晴れた日。
人はそれだけで幸せになることができる。

秋日和という言葉には幸せがこめられている。

秋日和は魔法の季語だ。
それで句を詠めば幸せになることができる。





2019-09-25 (Wed)

2019/09/25  日記 夜長

2019/09/25  日記 夜長

2019/09/25 (水) 旧暦: 8月27日 祝日・節気:  日出: 5時30分 日没: 17時34分 月出: 0時53分 月没: 15時25分 月齢: 25.68 干支: 乙丑 六曜: 仏滅 九星: 五黄土星 今日のあれこれ: 夜長 「本物そっくり!激安LEDキャンドルライトの炎の揺れ具合」 https://youtu.be/Ebv5h5lz8H8 『夜長(よなが) 三秋 子季語: 夜永、長き夜、長夜 関連季語: 日短 解説: 秋の夜の長いこと...

… 続きを読む

2019/09/25 (水) 旧暦: 827 祝日・節気:  日出: 530 日没: 1734 月出: 053 月没: 1525 月齢: 25.68 干支: 乙丑 六曜: 仏滅 九星: 五黄土星


今日のあれこれ: 夜長

「本物そっくり!激安LEDキャンドルライトの炎の揺れ具合」

https://youtu.be/Ebv5h5lz8H8



『夜長(よなが) 三秋

子季語: 夜永、長き夜、長夜
関連季語: 日短
解説: 秋の夜の長いことをいう。秋分が過ぎると、昼よりも夜が長くなり気分的にも、夜の長さが身にしみる。残暑もなくなり、夜業や読書にも身が入る。春の「日永」に対応する季語である。
来歴: 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。
文学での言及:               今造る久邇の都に秋の夜の長きに独り寝るが苦しさ 大伴家持『万葉集』
秋ノ夜長シ、夜長クシテ眠ルコト無ケレバ天モ明ケズ、耿々タル残ノ燈ノ壁二背ケル影、
蕭々タル暗キ雨ノ窓ヲ打ツ声『和漢朗詠集』
実証的見解: なぜ「夜長」は秋の季語で「日短」は冬の季語なのか。暑い夏を経て涼しい夜が長くなるのを賞嘆するのが「夜長」であり、冬の暖かな昼間を惜しむ思いが「日短」なのである。』
(季語と歳時記)



夜長の俳句:


・何せむと豊かに灯し夜長の灯   大泉美干代


・一枚の写真に夜長始れる   足立典子


・一冊と一献ありてよき夜長   丹生をだまき


・泣く孫に乳さはらする夜長かな   篠田純子


・銀色の尻尾が欲しい夜長かな   津田このみ




千葉県の2週間を超える停電の家では、夜長の灯火などと悠長なことを言っている余裕はない。
 一刻も早い配電の復旧と明るい照明の光が必要だ。

災害時ではない平時では、灯りを点し夜長を楽しむのは、良い趣味だ。
 俳句の世界でも、夜長には灯りの情趣が欠かせない。

中でも、ろうそくの灯りは揺らめきがあり、見ている楽しさがある。

LED
のろうそくもなかなか良くできている。
人工的なゆらめきなので、長く見ていると飽きが来るかも知れない。だが、火事の心配がないので安心できる長所はある。

本物のろうそくは贅沢だが、情趣はある。

『「読書の秋」をロウソクで堪能してみた』

https://youtu.be/wDJKdhJhrng


秋の夜長ろうそくの灯りと一緒に心を揺らすのも良いかも知れない。


夜長の句を読んでいて、男の自分には字の意味は理解できても、身体では判らない句があった。

篠田と津田の句。
乳がもの言う世界は男には解らない。
銀色の尻尾って 何?





2019-09-24 (Tue)

2019/09/24  日記  南洲忌

2019/09/24  日記  南洲忌

2019/09/24 (火) 旧暦: 8月26日 祝日・節気:  日出: 5時29分 日没: 17時36分 月出: ---- 月没: 14時34分 月齢: 24.68 干支: 甲子 六曜: 先負 九星: 六白金星 今日のあれこれ: 南洲忌 「明治維新の源流・西郷隆盛探訪ー「終焉の地」で「晋どん、もうここらでよか」と果てた。」 https://youtu.be/F-GIYbbjr8U 西郷南洲翁の最後 『...

… 続きを読む

2019/09/24 (火) 旧暦: 826 祝日・節気:  日出: 529 日没: 1736 月出: ---- 月没: 1434 月齢: 24.68 干支: 甲子 六曜: 先負 九星: 六白金星

今日のあれこれ: 南洲忌

「明治維新の源流・西郷隆盛探訪ー「終焉の地」で「晋どん、もうここらでよか」と果てた。」

https://youtu.be/F-GIYbbjr8U



西郷南洲翁の最後
『城山決戦

clip_image001
南洲翁終焉之地の碑(鹿児島市城山町)

9
1日、突囲した薩軍は鹿児島に入り、城山を占拠した。一時、薩軍は鹿児島城下の大半を制したが、上陸展開した政府軍が3日に城下の大半を制し、6日には城山包囲態勢を完成させた。19日、山野田一輔・河野主一郎が西郷の救命のためであることを隠し、挙兵の意を説くためと称して、軍使となって参軍・川村純義のもとに出向き、捕らえられた。22日、西郷は城山決死の檄を出した。23日、西郷は、山野田が持ち帰った川村からの返事を聞き、参軍・山縣有朋からの自決を勧める書簡を読んだが、返事を出さなかった。また、敵である陸軍の中にも西郷を慕う者は多く、城山総攻撃の前夜には、陸軍軍楽隊が城山に向けて葬送曲を演奏し、市民も聞き入ったという。現代になっても、自衛隊の吹奏楽団が、同じ日時に葬送曲を同じ場所で演奏している[61]

9
24日、午前4時、政府軍が城山を総攻撃したとき、西郷と桐野利秋・桂久武・村田新八・池上四郎・別府晋介・辺見十郎太ら将士40余名は洞前に整列し、岩崎口に進撃した。まず国分寿介(『西南記伝』では小倉壮九郎)が剣に伏して自刃した。桂久武が被弾して斃れると、弾丸に斃れる者が続き、島津応吉久能邸門前で西郷も股と腹に被弾した。西郷は別府晋介を顧みて「晋どん、晋どん、もう、ここらでよか」と言い、将士が跪いて見守る中、襟を正し、跪座し遙かに東に向かって拝礼した。遙拝が終わり、別府は「ごめんなったもんし(御免なっ給もんし=お許しください)」と叫んで西郷の首を刎ねた。享年51(満49歳没)。

西郷の首はとられるのを恐れ、折田正助邸門前に埋められた[注釈 19]。西郷の死を見届けると、残余の将士は岩崎口に進撃を続け、私学校の一角にあった塁に籠もって戦ったのち、自刃、刺し違え、あるいは戦死した。

午前9時、城山の戦いが終わると大雨が降った。雨後、浄光明寺跡で山縣有朋と旅団長ら立ち会いのもとで検屍が行われた。西郷の遺体は毛布に包まれたのち、木櫃に入れられ、浄光明寺跡に埋葬された(現在の南洲神社の鳥居附近)。このときは仮埋葬であったために墓石ではなく木標が建てられた。木標の姓名は県令・岩村通俊が記した[62]。明治12年(1879年)、浄光明寺跡の仮埋葬墓から南洲墓地のほぼ現在の位置に改葬された。また、西郷の首も戦闘終了後に発見され、検分ののちに手厚く葬られた[注釈 20]

死後
明治10年(1877年)225日に「行在所達第四号」で官位を褫奪(ちだつ)され、死後、賊軍の将として遇された。その後、西郷の人柄を愛した明治天皇の意向や黒田清隆らの努力があって明治22年(1889年)211日、大日本帝国憲法発布に伴う大赦で赦され、正三位を追贈された[63]。明治天皇は西郷の死を聞いた際にも「西郷を殺せとは言わなかった」と洩らしたとされるほど西郷のことを気に入っていたようである。戒名は、南州寺殿威徳隆盛大居士。』
Wikipedia



南洲忌の俳句:


・庄内に生くる遺訓や南洲忌  秋沢猛



今日924日は南洲忌。
西郷隆盛は、城山を下り、岩崎口まで来たところで、官軍の銃弾2発を被弾した。
皇居のある東方を遥拝した後、別府晋介の介錯で覚悟の死を遂げた。


人間の言葉は軽い。
口先、舌先三寸では何とでも言うことができる。

しかし、西郷のような人物の言葉は重い。
言葉と行いが一致する言行一致の人の言葉は重い。

西郷の言葉を集めた遺訓は、西郷と戦い破れた庄内藩の人達によって纏められた。
その言葉は、今も庄内に伝えられ、生きている。

私利私欲のために生きることがない西郷のような先人を持っていることは、日本にとってどれだけ大切なことか。




2019-09-23 (Mon)

2019/09/23 ブログのテンプレート変更

2019/09/23 ブログのテンプレート変更

ブログの表示が、指定したように表示されない状態になった。 見やすいように太字と普通を使い分ける設定をしているのだが、その通り表示されない。  太字と普通が混在して表示されている。 最初は、文章を書くエディターの不具合かと思い、調べてみた。  色々と繰り返し、太字と普通を設定してみたが、一貫性がない。 エディターでなければ、テンプレートかも知れない。 テンプレートを変えてプレビューすると、指定...

… 続きを読む


ブログの表示が、指定したように表示されない状態になった。

見やすいように太字と普通を使い分ける設定をしているのだが、その通り表示されない。
 太字と普通が混在して表示されている。

最初は、文章を書くエディターの不具合かと思い、調べてみた。
 色々と繰り返し、太字と普通を設定してみたが、一貫性がない。

エディターでなければ、テンプレートかも知れない。
テンプレートを変えてプレビューすると、指定した通りに表示される。

原因は、テンプレートであることが判明した。
今日変更を行った。

ベージュが基調の落ち着いたテンプレートで、文字も見やすく、読み易いと思う。





2019-09-23 (Mon)

2019/09/23  日記 秋分 秋分の日

2019/09/23  日記 秋分 秋分の日

2019/09/23 (月) 旧暦: 8月25日 祝日・節気: 秋分の日 日出: 5時28分 日没: 17時37分 月出: 23時48分 月没: 13時39分 月齢: 23.68 干支: 癸亥 六曜: 友引 九星: 七赤金星今日のあれこれ: 秋分 秋分の日(日豊本線の熊崎駅LM徒然草 ~駅と列車と情景と~http://blueribbon3737.blog87.fc2.com/blog-entry-1001.htmlより転載)『秋分  仲秋二十四節気の一つ。太陽の黄経が百八十度になる日。陰暦八月の中頃で白露後...

… 続きを読む

2019/09/23 (月) 旧暦: 825 祝日・節気: 秋分の日 日出: 528 日没: 1737 月出: 2348 月没: 1339 月齢: 23.68 干支: 癸亥 六曜: 友引 九星: 七赤金星


今日のあれこれ: 秋分 秋分の日


clip_image002
(日豊本線の熊崎駅
LM
徒然草 ~駅と列車と情景と~
http://blueribbon3737.blog87.fc2.com/blog-entry-1001.html
より転載)



『秋分

  仲秋

二十四節気の一つ。太陽の黄経が百八十度になる日。陰暦八月の中頃で白露後一五日、大体九月二十二日、二十三日に当たる。昼夜の長さが同じでここから次第に夜の方が長くなり、「秋の夜長」はここからはじまる。』
(季語と歳時記)



秋分の俳句:


・秋分の木造駅舎の日章旗  高澤良一


・秋分や古墳のまはりすでに暮れ   岬雪夫


・秋分の風に乗りたる鳩の羽根  鳴海清美



毎週のように台風がやってくる。
15
号の被害がまだ癒えない千葉県では、停電がまだ復旧していない状況に、追い打ちをかけ、17号が強風と雨を持ってきそうだ。

秋分の今日、17号が引き寄せている南の温かい湿った風の影響で大気が不安定になり、局地的な雷雨が起きている。
 吹き込む風のためフェーン現象も起こり、福井では35度を超える気温になる予報だ。

句に詠まれている秋分の様に、秋分の日くらい穏やかな秋の日になってほしいのだが...





2019-09-22 (Sun)

2019/09/22  日記 秋遍路

2019/09/22  日記 秋遍路

2019/09/22 (日) 旧暦: 8月24日 祝日・節気: 下弦 日出: 5時28分 日没: 17時39分 月出: 22時51分 月没: 12時41分 月齢: 22.68 干支: 壬戌 六曜: 先勝 九星: 八白土星 今日のあれこれ: 秋遍路 「四国遍路で外国人遍路も喜んだ「小学生のお接待」とは?Shikoku Pilgrimage :What is 'Children's Osettai (Hospitality)?」 https://youtu.be/RqcsFuJqD50 『秋遍路   三秋 遍路は...

… 続きを読む

2019/09/22 (日) 旧暦: 824 祝日・節気: 下弦 日出: 528 日没: 1739 月出: 2251 月没: 1241 月齢: 22.68 干支: 壬戌 六曜: 先勝 九星: 八白土星


今日のあれこれ: 秋遍路

「四国遍路で外国人遍路も喜んだ「小学生のお接待」とは?Shikoku Pilgrimage :What is 'Children's Osettai (Hospitality)?


https://youtu.be/RqcsFuJqD50





『秋遍路

  三秋

遍路は春のものとされているが、秋の日和のよいころに四国八十八か所などの札所めぐりをすることをいう。秋の遍路にはどこか淋しさが伴う。』
(季語と歳時記)



秋遍路の俳句:


・接待のグリーン茶賜ふ秋遍路  小林定子


・けふ一日けふの影連れ秋遍路  吉田汀史


・鈴となり風となりゆく秋遍路  佐土井智津子




遍路は春の季語だが、気候の良い秋にも行われる。
秋に行う遍路が秋遍路だ。

遍路の正式な衣装は、白装束で、経帷子と同じ死装束だ。

古来白は、「清浄」「無垢」の色と言われる。

八十八ヶ所の霊場を、歩いて巡るのは、昔は命がけの行為だった。
 行き倒れて、そのまま絶命しても、白裝束であればそのまま葬ることができることが白裝束の意味であった。

昔と比べれば安全になったとは言え、行き倒れても良いという心がけで、白裝束で出かけることには意味がある。

人生に迷った時、遍路に出る人は多い筈だ。
最近では、外国人のお遍路さんも多いようだ。
生きることに迷うのは、国籍を問わない。

歩いて歩いて歩いて歩く。
只管歩くことの中に、悩みとか迷いが消えていくそうだ。
身体は疲れても、心は生きんとする意志は蘇る。

台風が過ぎ去れば、多くの遍路さんが秋の遍路道を歩くことだろう。


【データ】

四国八十八箇所 
Wiki
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%9B%E5%9B%BD%E5%85%AB%E5%8D%81%E5%85%AB%E7%AE%87%E6%89%80




2019-09-21 (Sat)

2019/09/21  日記  宵闇

2019/09/21  日記  宵闇

2019/09/21 (土) 旧暦: 8月23日 祝日・節気:  日出: 5時27分 日没: 17時40分 月出: 22時00分 月没: 11時40分 月齢: 21.68 干支: 辛酉 六曜: 赤口 九星: 九紫火星今日のあれこれ: 宵闇(TeraSocial.Comhttps://www.terasocial.com/hashtag/%E5%AE%B5%E9%97%87より転載)『宵闇  仲秋仲秋の季語。十五夜の名月を過ぎると、月の出は次第に遅くなっていく。従って宵の時刻の空の暗さがひときわ感じられる様をいう...

… 続きを読む

2019/09/21 (土) 旧暦: 823 祝日・節気:  日出: 527 日没: 1740 月出: 2200 月没: 1140 月齢: 21.68 干支: 辛酉 六曜: 赤口 九星: 九紫火星


今日のあれこれ: 宵闇

clip_image002
TeraSocial.Com
https://www.terasocial.com/hashtag/%E5%AE%B5%E9%97%87
より転載)



『宵闇

  仲秋

仲秋の季語。十五夜の名月を過ぎると、月の出は次第に遅くなっていく。従って宵の時刻の空の暗さがひときわ感じられる様をいう。』
(季語と歳時記)



宵闇の俳句:


・宵闇に神の灯ほのとあるばかり  岡安仁義


・宵闇に坐して内外のわかちなし  石田勝彦


・宵闇と聞く淋しさの今宵より  後藤夜半



台風17号がやって来て、沖縄は大荒れ。
沖縄は台風への備えはあるから、千葉のようにはならないだろう。
 ただ、連休を利用して沖縄、先島諸島へ行った旅行者は気の毒だった。
 折角の旅行が大変なことになったかも知れない。

仲秋の名月も終わり、月の出は遅くなった。

月光のない夜は寂しい。

寂しいばかりでは詰まらない。
月の光がなければ、闇に座すも良し。
赤い灯青い灯に誘われ、街を流離うのも良い。

全ては、自分に任されている。




2019-09-20 (Fri)

2019/09/20 日本酒の会sake nagoya 9月例会 「熟成酒」 (その1)

2019/09/20  日本酒の会sake nagoya 9月例会 「熟成酒」 (その1)

今月のテーマは「熟成酒」。お酒にとって熟成は本道であり、ワインや泡盛ではビンテージ、古酒は新しい酒とは別格のものとして扱うことは確立している。 しかし、日本酒ではまだ新酒が中心で熟成酒・古酒の位置付けは定まっているとは言い難い。個人的には、熟成酒には関心があり、日本酒も熟成酒を確り評価して行くことが必要だと思っているので、こうして熟成酒を纏めて利くことができる機会はありがたい。7月、8月は「夏の酒」...

… 続きを読む


今月のテーマは「熟成酒」。
お酒にとって熟成は本道であり、ワインや泡盛ではビンテージ、古酒は新しい酒とは別格のものとして扱うことは確立している。
 しかし、日本酒ではまだ新酒が中心で熟成酒・古酒の位置付けは定まっているとは言い難い。

個人的には、熟成酒には関心があり、日本酒も熟成酒を確り評価して行くことが必要だと思っているので、こうして熟成酒を纏めて利くことができる機会はありがたい。

7
月、8月は「夏の酒」がテーマで、イメージが纏まるか期待したが、色々な酒を利いたが、結果としては纏まらなかった。
 参加者全体の評価でも、特に8月は味が薄いとか水口とかの評価が多かった。
 考えてみれば、これは「夏の酒」というイメージの問題ではなく、一銘柄ごとに、口に含み飲んでみて、これは良いと思った酒が少なかったということだと理解した。


今月の「熟成酒」のイメージはどうだったか。
先取りし書けば、イメージは纏まったとは言えないが、手応えがあり満足した内容だった。
 口に入れ、飲んでみて、これは旨いと言う酒が多かった。

当たり前のことだが、日本酒は飲んでみなければわからない。


【今日の出品酒】
参加者41名なので、銘柄数は10銘柄だった。

clip_image002
利き酒が終わり、勢揃いした熟成酒たち。
熟成期間数年のものから20年の大古酒まで多彩な顔ぶれだった。

以下、利き酒の印象を記載するが、個人的な嗜好によるもので客観性はないことを、ご承知置きください。
 参加者全体の評価は、日本酒の会sake nagoyaの公式サイトに記載されるので、そちらの方が客観性が高い。

(1)
越乃寒梅 別撰 特別本醸造  製造2014/12/01 石本酒造 (新潟)
clip_image003

clip_image004

clip_image005

少し着色あり。

立香は 香ばしさを感じる熟成香
甘い入口。とろりとした舌触り、スッキリとした酸の後辛味と軽い渋味を感じる。含み香に軽いが、香ばしさのある老香を感じる。
中盤以降辛味があるが、後半の切れ良い 評価8.0

日本酒の一時代を築いた越乃寒梅のアル添酒。

蔵元熟成の商品ではなく、購入者が5年熟成したものと思われる。
 熟成の温度は不明だが、恐らく10度以下の冷蔵だろう。
 造りが良ければ、日本酒の熟成過程の管理が良ければ、美味しい熟成酒を作ることができることの証明だ。



(2)
明鏡止水 勢起 低温熟成 純米  金紋錦 製造2017/01 大澤酒造 (長野)
clip_image006

clip_image007

わずかな着色、グラスでは分からない程度。

立香は、軽いエチル系の香り。
入り口は甘い。トロリとした舌触り。味わいはスッキリ として膨らみはない。 透明感はあるが、やや世界が小さい。 中盤以降わずかにピリリとするが、後半の切れは良い。評価7.0



(3)
出羽桜 大古酒 低温三年熟成  枯山水 製造2012/01 出羽桜酒造 (山形
)
clip_image008

clip_image009

clip_image010

clip_image011

着色なし

立香はほとんど感じない。
甘い入り口。膨らみあり、トロリとした舌触り。丸い酸。
大きくて透明感のある世界。 味のバランス良い。 後半も癖はなく、切れが良い。 評価 9.0



(4)
梵 吉平 純米大吟醸  製造2019/01 加藤吉兵衛商店 (福井
)
clip_image012

clip_image013

clip_image014

 
ほとんど着色ない。 立香はあまり感じないが、ほのかな 吟醸香らしいものを感じる。 甘い入口。トロリとした舌触り。 酸の膨らみあり。 含み香も吟醸香。

大きい世界がある。 残り香も吟醸香が快い 評価9.0

情報では熟成期間12年、0度の氷温熟成、35%精米歩合の純米大吟醸酒と50%精米歩合の純米大吟醸酒のブレンド酒、生酛造り。


ブラインドが外され、銘柄を見て成程、梵だと思った。
吟醸酒の熟成酒では、梵は代表的な銘柄だ。



(5)
老亀 長期熟成本醸造  製造2019/08 小野酒造 (広島)
clip_image015

clip_image016

clip_image017

立香は老香にエチル系の香りが加わったもの。

甘い入口。 トロリとした舌触り。酸の膨らみと滑らかさ。 中盤、老香と渋味を感じる。
甘さも続く。 残り香も老香にエチル香が加わったもの、やや気になる。 評価7.0

熟成期間は表示がない。

着色あり 、ウイスキーの様に見える。
色合いからすると熟成期間は少なくとも10年以上、15
年のものも入った複数年のブレンドかも知れない。



2019-09-20 (Fri)

2019/09/20  日本酒の会sake nagoya 9月例会 「熟成酒」 (その2)

2019/09/20  日本酒の会sake nagoya 9月例会 「熟成酒」 (その2)

(6) 龍力 純米 熟成古酒  vintage1999 (H11BY) 製造2019/03 本田商店 (兵庫)着色あり 。立香は軽い老香、(5) の香りを軽くした感じ。甘い入口。 含み香も老香。トロリとした舌触り。 酸の膨らみあり。中盤、軽い渋味あり。 後半は切れ良い。残り香も老香、やや気になる。評価7.0。今日の出品酒では、熟成期間最長の20年ものである。常温熟成と思われるが、老香が気にならなけれは、熟成酒の舌触り・味わい・切れを楽し...

… 続きを読む


(6)
龍力 純米 熟成古酒  vintage1999 (H11BY) 製造2019/03 本田商店 (兵庫)
clip_image001

clip_image002

clip_image003

着色あり

立香は軽い老香、(5) の香りを軽くした感じ。
甘い入口。 含み香も老香。トロリとした舌触り。
酸の膨らみあり。中盤、軽い渋味あり。 後半は切れ良い。
残り香も老香、やや気になる。評価7.0

今日の出品酒では、熟成期間最長の20年ものである。
常温熟成と思われるが、老香が気にならなけれは、熟成酒の舌触り・味わい・切れを楽しむことができる。



(7)
木戸泉 DEEP GREEN 2017  H29BY 山田錦 無濾過 原酒 出荷2019/08 木戸泉 (千葉)
clip_image004

clip_image005

clip_image006

全量高温山廃仕込み。

色はほとんどない。
立香は軽い老香で香ばしさを感じる。
軽い酸の入り口。膨らみは大きく無く、滑らかだが、トロリ感はない。 中盤は渋味あり。 含み香は、老香プラス熟香。
評価 7.0



(8)
睡龍 生酛純米 平成19BY 長期熟成古酒 製造H29/06 久保本家酒造 (奈良)
clip_image007

clip_image008

着色が軽くある。

立香は、老香というよりエチル系の香り。
ふんわりとした入り口。 味わいは癖がない。膨らみがあり、すっきりとした舌触りだが、大きな世界があり、個性を感じる。
切れは良い。 大きさが 一番の特徴。評価 8.0

熟成酒の世界が大きいことを知ることができる。




(9)
誠鏡 番外品 大吟醸 4 磨き  平成27 BY 製造2019/05 中尾醸造 (広島)
clip_image009

clip_image010

clip_image011

clip_image012

着色はない。

立香は吟醸香で熟成酒らしくないもの。
甘い入口。酸はスッキリとしている。含み香は吟醸香、発泡の名残のような香りも感じる。スッキリとした味わいでふくらみもある。含み香は吟醸香。
熟成酒とは思われない世界であり、透明感を感じさせるクリアな世界である。
残り香も吟醸香。 評価 9.0

利き猪口を鼻に近づけた時、漂う吟醸香、これは熟成酒らしい香りではないなと感じた、口に含んだ時広がる吟醸香の含み香、甘い入り口、ふくらみのある酸...まさに望ましい吟醸酒の世界だと思った。


この酒は参加者の好みにも合致したようで、この宴の第1位を獲得した。


(10)
義侠 純米原酒 50% 常温熟成 2003 1月製造H14年度産醸造 山忠本家酒造 (愛知)
clip_image013

clip_image014

clip_image015

clip_image016

着色は中程度。

立香は老香、強くはないが典型的な熟成酒の香り。
甘い入口。 トロリとした舌触り。 滑らかな丸い酸。
熟成酒らしい世界。
老香はあるが、嫌な世界ではなく、熟成酒を理解できる世界を持っている。 評価 8.0

常温の長期熟成酒の典型的な香味がある。

常温熟成の長期熟成酒を知りたい人は、これを飲めば理解できる代表選手だ。
 老香はあるが味わいの邪魔をするものではなく、熟成酒の香りとして収まる程度で、滑らかな丸い酸のふくらみ、トロリとした舌触り、切れの良さといった熟成酒の特徴を感じられる。




2019-09-20 (Fri)

2019/09/20  日本酒の会sake nagoya 9月例会 「熟成酒」 (その3)

2019/09/20  日本酒の会sake nagoya 9月例会 「熟成酒」 (その3)

【今日の料理】旬彩処かのうさんの今日の料理は、今月も美味しかった。・鰆(鳥羽産)たたきトロリとした舌触り、軽い食感。 柔らかいとろける食感、滑らかさと甘みを感じる。たたきなので魚の生臭さがなく、鰆の旨味が全開する。さわらは魚に春と書くが、実際は秋のほうが脂が乗って美味しいそうだ。・サザエのつぼ焼きサザエの先のワタはたほろ苦いが海の香りと軽い渋みと苦味を感じる。砂がジャリつくかと思ったが全くない、生...

… 続きを読む


【今日の料理】

旬彩処かのうさんの今日の料理は、今月も美味しかった。

・鰆(鳥羽産)たたき
clip_image002

clip_image004
トロリとした舌触り、軽い食感。
柔らかいとろける食感、滑らかさと甘みを感じる。
たたきなので魚の生臭さがなく、鰆の旨味が全開する。

さわらは魚に春と書くが、実際は秋のほうが脂が乗って美味しいそうだ。


・サザエのつぼ焼き
clip_image006

clip_image008
サザエの先のワタはたほろ苦いが海の香りと軽い渋みと苦味を感じる。砂がジャリつくかと思ったが全くない、生臭さもなく醤油の香ばしい香りを感じる。
少し上のワタの部分はつぼ焼きらしい部位だが香ばしい。

ワタに近い身の部分は、コリコリとした食感。ほろ苦さを感じる。 これは大人の味わいで、酒の肴としては上等だ。
汁は香りが香ばしい。味わいは仄かな苦味と甘み、汁も酒の肴になる。


・定番の枝豆
clip_image010
ぷっくらとした枝豆の確りとした食感。


・鯖の赤味噌煮生姜添え
clip_image012
見た処は土手煮風だが、土手のようにコッテリとしては居ず、軽い舌触りの味噌。
甘い赤味噌の味は変わらない、甘さと赤味噌のコクのある旨味がある。
一人一皿、鯖二切れがあるので、酒との取り合わせが、色々楽しめる。
 また、この軽い舌触りの汁も酒によく合う。
少し口に含んで、熟成酒を飲むと熟成酒の旨味が引き出される。
やや意地汚いが、旨いものは旨い。


・うるめいわしの干物
clip_image014
香ばしい香り。 口に入れると塩味の後 、噛んでいると、渋味がありこれが癖のある干物の旨味に繋がり、口の中に広がる。


・炊き込みご飯と赤だし味噌汁
clip_image016

炊き込みご飯
clip_image018
人参、牛蒡、鶏肉、蒟蒻、しめじ、竹輪が入っている

様々な具材の持つ広がりのある旨味。 上品な薄味で、甘みを感じる。
 旬彩処かのうさんの焼きそばにも竹輪が入っているが、旨味のある竹輪の使い方が上手だ。

赤だし味噌汁
clip_image020
豆腐、なめこ、刻み葱。
赤味噌の風味と出汁の旨味、なめこの滑らかさと舌触り。


・白菜漬け
clip_image022
シャキシャキの食感。 浅漬けの白菜漬けの香り。 浅漬けのフレッシュな香りと舌触り。口が爽やかになる。



【熟成酒の感想】

(1)
 今日の逸品
 いつも、利き酒の最高点は9点にしている。
9
点のものが2銘柄あることは少ないが、2銘柄ある場合は一方を8点にして一方をNO1にしている。
 ところが、今日は9点が3銘柄になってしまった。

(3)
出羽桜 大古酒 低温三年熟成  枯山水 製造2012/01 出羽桜酒造 (山形)
(4)
梵 吉平 純米大吟醸  製造2019/01 加藤吉兵衛商店 (福井
)
(9)
誠鏡 番外品 大吟醸 4 磨き  平成27 BY 製造2019/05 中尾醸造 (広島
)

熟成期間は、それぞれ10年、2年、4年と思われるが、枯山水は本醸造なので香りは吟醸香ではないが、吉平と誠鏡は吟醸香を感じる。


いずれも、低温熟成酒であることは共通している。
吟醸酒の熟成は、5年位までなら香りも残して、舌触り・滑らかさ・ふくらみ・後半の切れと言った熟成酒の良さを引き出すことができそうだ。

(2)
熟成酒の色
熟成による着色を見るために、デキャンタの写真を撮った。
すべて無濾過ではないだろうが、熟成と色の関係を考えることはできそうだ。

clip_image024
左から右に
(1)
越乃寒梅 別撰 特別本醸造  製造2014/12/01
(2)
明鏡止水 勢起 低温熟成 純米  金紋錦 製造
2017/01
(3)
出羽桜 大古酒 低温三年熟成  枯山水 製造
2012/01
(4)
梵 吉平 純米大吟醸  製造
2019/01
(5)
老亀 長期熟成本醸造  製造
2019/08

clip_image026
右から左に

(6)
龍力 純米 熟成古酒  vintage1999 (H11BY) 製造2019/03
(7)
木戸泉 DEEP GREEN 2017  H29BY 山田錦 無濾過 原酒 出荷
2019/08
(8)
睡龍 生酛純米 平成 19BY 長期熟成古酒 製造
H29/06
(9)
誠鏡 番外品 大吟醸 4 磨き  平成27 BY 製造
2019/05
(10)
義侠 純米原酒 50% 常温熟成 2003 1月製造H14年度産醸造



着色を見ると、濃いものは(5),(6) 次に濃いものは(8)(10)

(5)
老亀 長期熟成本醸造は、熟成期間は不明、だが小野酒造は純米酒の15年熟成を「15年熟成 亀龍之寿」として発売していることから考えると、推測だが10年上の本醸造熟成酒の複数年のブレンドではないかと思われる。
表示はないが、蔵内での常温熟成と思われる。

(6)
龍力 純米 熟成古酒  vintage1999H11BYなので熟成期間20年の大古酒である。
 情報では、「1999年に醸造された特別純米酒を蔵内貯蔵タンクで常温熟成(3度~20度)させました。」とあり、常温熟成だ。

(8)
睡龍 生酛純米は、平成19BYなので12年熟成
貯蔵方法は、不明だが、恐らく蔵内の常温と思われる。

(10)
義侠 純米原酒 50% 常温熟成はH14BYなので15年熟成である。
 ラベルに書いてある通り常温熟成だ。

吟醸酒でないものは蔵内のタンクで常温熟成と言う場合が多いが、この場合、色の着色が濃くなり、老香等の含み香も発生する。

(3)
 テーマと満足感
 「夏の酒」の満足感は、今ひとつだったが今月の「熟成酒」は手応えがあった。
 常温熟成は、熟した香味が良く理解できるし、低温熟成の場合は吟醸酒は吟醸酒として熟成させることができることが実感できた。

しかも、吟醸酒の熟成酒は、自分の嗜好に適っていると思った。
 舌触り、滑らかさ、酸のふくらみ、透明感、味わいのバランス、後口の切れの良さと言ったところが自分の嗜好の評価ポイントなのだが、吟醸酒の場合、熟成酒のほうが管理が良ければ新酒よりより良くなると実感できた。

梵の超吟は素晴らしい味わいの純米大吟醸だが、新酒ではなく熟成酒だ。-5度で5年間熟成されて出荷される。
今日の誠鏡も美味しい大吟醸だった。目の前で並べて飲み比べれば、違いはあるだろうが、大きな違いはなさそうな気がする。

大吟醸の5年程度の熟成酒は、氷温とか-5
度とかの冷蔵であれば、新酒とは格の違う世界が実現できると思った。