2023/01/21 日記 初大師 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2023/01/21 日記 初大師
2023-01-21 (Sat)  18:00

2023/01/21 日記 初大師

2023/01/21      ()      旧暦:   1230       祝日・節気・雑節・朔望:              日出:   648           日没:   1656       月出:   623         月没:   1555       月齢:   28.7      潮汐:      大潮     干支:   己卯     六曜:   大安


今日のあれこれ: 初大師

《京都・東寺で今年初めての縁日「初弘法」 骨董品や野菜などを求める人たちで賑わう(2023121日)》

https://youtu.be/nLQZbhuE-Gg



『初大師: 初弘法

  新年

弘法大師、空海の新年初の縁日。一月二十一日。
参詣の人で、初詣以上に賑わう。関東では川崎大師、西新井大師、京都では東寺が名高い。』
(季語と歳時記)




初大師の俳句:


・初大師遠嶺より享く日のぬくし  吉岡道夫


・香煙に降りこむ雪や初大師  五十嵐播水


・初大師百僧侍る燭あかり  宇都木水晶花


・ゆうもあを交じえ法話の初大師   佐々木スガ子


・初大師火渡りを待つ人の群  佐藤花子




毎月21日は、お太師様の縁日とされている。

『お大師様こと、弘法大師空海は日本が密厳国土となるよう、生涯を衆生のために尽くし、62歳で高野山奥の院に3月21日に入定されました。 晩年に記された願文に「虚空尽き 涅槃尽き 衆生尽きなば 我が願いも尽きなむ」とお大師様の祈りは天が消え、仏の世界すら消え、人が消えてなくなるまで続くと宣言されています。 

我々の祈りをささげ、お大師様の祈りに報いる縁日が毎月21日です。』
(真言宗醍醐派大日山神崎寺
https://www.kouzakiji.com/lst21745/dt5667.html
より転載)

1
月は新年の縁日で、初大師と言われる。

お祭り、催しの性格も持った初大師は、信仰の面は勿論、縁無き衆生も楽しむことができる。
 楽しさを求めているうちに、信心も得られれば、それが本来の縁と言うべきだろう。

法話を楽しく聞くことも大切な縁だ。

佐藤氏の「火渡り」。
初大師の縁日にすべて火渡りが行われる訳では無いが、香川では行われている。

「香川)「火渡り」で無病息災を祈る 香西寺」

https://youtu.be/kHywmJG4P90



関連記事

最終更新日 : 2023-01-21

Comment







管理者にだけ表示を許可