2023/01/18 日記 山眠る - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2023/01/18 日記 山眠る
2023-01-18 (Wed)  21:16

2023/01/18 日記 山眠る

2023/01/18      ()      旧暦:   1227       祝日・節気・雑節・朔望:              日出:   649           日没:   1653       月出:   253         月没:   1251       月齢:   25.7      潮汐:      若潮     干支:   丙子     六曜:   友引


今日のあれこれ: 山眠る

『三峰山・八丁平[2023118]

https://youtu.be/Gc5fE3MNiSo




『山眠る(やまねむる) 三冬

【子季語】
 眠る山

【解説】
 冬山を擬人化したもの。中国の山水画伯、郭煕の画論の次の言葉「冬山惨淡として眠るがごとく」が、この季語の原点。
春は「山笑ふ」夏「山滴る」秋「山粧ふ」、季節に応じて使い分けのできる重宝な季語。』
(季語と歳時記)




「山眠る」の俳句:


・鋭峰の重なり合うて山眠る   千田久美子


・懐に大湖を抱き山眠る   安斎久英


・奥飛騨に残る車田山眠る   江頭文子


・一筋の水音残し山眠る   市川夏子


・円空仏数多を裾に山眠る   藤原照子


・幾千のたましひをさめ山眠る   稲畑廣太郎




今週末から来週にかけて大寒波が波のようにやって来るという。
 高い山は雪に閉ざされ、眠りは深く、長くなるだろう。

鳥が啼き、花々が咲き乱れる山は、まだまだ先のことになる。
今は、眠り続ける季節だから。

山は眠るから、目覚めた後の山が美しく、楽しくなる。





関連記事

最終更新日 : 2023-01-18

Comment







管理者にだけ表示を許可