2023/01/13 日記 雪国 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2023/01/13 日記 雪国
2023-01-13 (Fri)  20:06

2023/01/13 日記 雪国

2023/01/13      ()      旧暦:   1222       祝日・節気・雑節・朔望:              日出:   650           日没:   1648       月出:   2234       月没:   1022       月齢:   20.7      潮汐:      中潮     干支:   辛未     六曜:   先負


今日のあれこれ: 雪国

《「隠れ豪雪日本一」の町 積雪380cm暖房費高騰電気代7万円 オール電化が裏目に【羽鳥慎一 モーニングショー】(2023112)

https://youtu.be/JqTSQp3STWU



『雪国(ゆきぐに) の意味・使い方

ゆき‐ぐに【雪国】 の解説

雪の多い地方。《季 冬》

<デジタル大辞泉(小学館)>



雪国の俳句:


・雪国の雪降る音の無音なる  新谷ひろし


・雪国となりて我が街眠りけり   石井雲雀


・雪国に嫁ぎ著なれしちやん~こ  三輪きぬゑ


・雪国に花鳥づくしの婚衣裳  筑紫磐井


・雪国に雪ふるどうにもならぬこと  平畑静塔




今年は、異常気象なのか、雪深い土地の人も驚く降雪量だ。
雪下ろし中に雪の事故で亡くなる人のニュースを何回も見た。
雪国の人だから除雪は危険なことだと承知しているはずだが、それでも事故は起きている。

今日は、久しぶりに寒さが緩んだ。
気温が上がると、雪は溶けるが屋根の雪が滑り落ちたりすると却って危ない。

スキーや雪見温泉など楽しむ雪は良いのだが、日々の生活に降り積む雪は辛いことのほうが多いかもしれない。

平畑氏の詠むように、「どうにもならぬ」と考える他はない。
立ち向かって勝てる相手ではない、心を平らかにして、雪の溶ける時を待つしか方法はない。





関連記事

最終更新日 : 2023-01-13

Comment







管理者にだけ表示を許可