2022/11/29 日記 時雨と虹 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/11/29 日記 時雨と虹
2022-11-29 (Tue)  20:39

2022/11/29 日記 時雨と虹

2022/11/29 () 旧暦: 116日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 629分 日没:  1628分 月出:  1139分 月没:  2159分 月齢:  5.17 潮汐:  中潮 干支:  丙戌 六曜:  仏滅 九星:  二黒土星


今日のあれこれ: 時雨と虹

『日本海側で見られる“時雨虹” 晩秋~初冬の風物詩』

https://youtu.be/32SvECPBMrQ




『時雨(しぐれ) 初冬

【子季語】
 朝時雨、夕時雨、小夜時雨、村時雨、北時雨、片時雨、時雨雲、時雨傘、時雨心地、時雨の色、月時雨、松風の時雨

【解説】
 冬の初め、降ったかと思うと晴れ、また降りだし、短時間で目まぐるしく変わる通り雨。この雨が徐々に自然界の色を消して行く。先人達は、さびれゆくものの中に、美しさと無常の心を養ってきた。』
(季語と歳時記)



時雨と虹の俳句:


・大蔵王時雨をとばし虹を張り  阿波野青畝


・加賀白山しぐるる虹をまとひけり  黒田杏子


・カルストの時雨の虹のはなやかに  山口青邨


・安寿塚しぐれの虹の紅の辺に  坂根白風子


・時雨れつつ片虹立てり殉教碑  水原秋櫻子




時雨には、雨の合間がある。
雨が止んだ時、太陽が出ることも多々ある。

虹が出るのはその時だ。

例句を読んでいて、時雨の合間の虹を詠んだ句が散見された。
 そのうち5句を選びだした。

一日降り続く雨は嫌だが、時雨は止んでくれるから気持も晴れる。
 そんな時、目の前に浮かぶ虹は美しく見える。


時雨は例句が多い。
子季語も多い。
「季語と歳時記」の子季語には含まれていないが、「時雨虹」は季語として認められているようで、例句も多い。

考えてみると、虹は夏の季語、時雨は冬の季語。
「時雨虹」と纏めてしまうより、例句のように、言葉を分けた方が、情趣がある様に思う。




関連記事

最終更新日 : 2022-11-29

Comment







管理者にだけ表示を許可