2022/11/25 日記 冬鴎 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/11/25 日記 冬鴎
2022-11-25 (Fri)  19:25

2022/11/25 日記 冬鴎

2022/11/25 () 旧暦: 112日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 625分 日没:  1629分 月出:  746分 月没:  1722分 月齢:  1.17 潮汐:  大潮 干支:  壬午 六曜:  赤口 九星:  六白金星


今日のあれこれ: 冬鴎

「ユリカモメ勇姿」

https://youtu.be/6wLxj50lusk



『冬鴎

  三冬

チドリ目カモメ亜科の鳥の総称。鴎、海猫、百合鴎などの種類があり秋渡来する冬鳥である。
 鴎はみな冬鳥であるからわざわざ冬鴎ということもないのだが、従来無季とされていたので冬鴎とされた。』
(季語と歳時記)



冬鴎の俳句:


・冬鴎越後の旅は白づくし  福永耕二


・風はらむ帆は沖へ出で冬鴎   森清信子


・冬鴎真白き風となりて翔ぶ   柴田久子


・啼く声の風に千切れて冬かもめ   松井志津子


・揚げ舟の一つひとつに冬鴎   笹村政子




港にいる鴎は、休んでいる。
柵に止まったまま、うつらうつらしている。
周りに仲間がいれば、安心できるのだろう。

鷲や鷹のような武器や強さもない鴎だから、
生きて行くのは大変だ。
誰も助けてはくれないから、自分の餌は自分で取らなければならない。独りで行動するより、仲間の眼も利用して、仲間のいる方へ飛んだ方が獲物を捕る確率が高い。

休んでいる鴎を見ていれば、見る人も和む。
冬鴎が詠まれる背景には、その辺りの和やかさが在るのだろう。





関連記事

最終更新日 : 2022-11-25

Comment







管理者にだけ表示を許可