2022/11/12 日記 鶴来る - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/11/12 日記 鶴来る
2022-11-12 (Sat)  20:32

2022/11/12 日記 鶴来る

2022/11/12 () 旧暦: 1019日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 613分 日没:  1636分 月出:  1911分 月没:  942分 月齢:  17.67 潮汐:  中潮 干支:  己巳 六曜:  仏滅 九星:  一白水星

Sunrise and the crane (Japan Izumi ) 朝日と鶴 出水市 4K』

https://youtu.be/o1JW4_KhE8Q



『鶴来る(つるきたる)  晩秋

【子季語】
 鶴渡る、田鶴渡る

【解説】
シベリヤなどの寒冷地で繁殖した鶴が、晩秋、日本の暖地に飛来すること。
 越冬地としては鹿児島県出水市荒崎が有名。』
(季語と歳時記)



鶴来るの俳句:


・火の山の晴れし青空鶴来る   竹川貢代


・遠くより風の声して鶴来る  倉田素香


・魚干す海人の頭上を鶴来たる   鮫島禮子


・暁天にひろごる茜鶴来たる   吉田順子


・空暗むほどに鶴来し日もありと   山田弘子




2022
年の鶴の飛来動画は探したが、今日は見つからなかった。

掲載させていただいた動画は、鹿児島県の射水市の鶴観察センターのもので、過去の動画だ。

12
月から飛来数が増えるそうなので、これからなのだろう。
射水市を前提に考えれば、晩秋の季語では無く、初頭の季語と考えたほうが実態に合っているかもしれない。

鶴たちも日本は安全と思って来るのだろう。
ただ、最近養鶏場で鳥インフルエンザが発生しているそうだ。
鶴たちがやって来る頃には、収まっていると良いのだが。

吉田氏の句や山田氏の句のように、日本が安全に暮らすことができる国であって欲しい。





関連記事

最終更新日 : 2022-11-12

Comment







管理者にだけ表示を許可