2022/11/11 日記 爽やか - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/11/11 日記 爽やか
2022-11-11 (Fri)  19:45

2022/11/11 日記 爽やか

2022/11/11 () 旧暦: 1018日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 612分 日没:  1637分 月出:  1823分 月没:  844分 月齢:  16.67 潮汐:  大潮 干支:  戊辰 六曜:  先負 九星:  二黒土星


今日のあれこれ: 爽やか

MJQ / Softly as In A Morning Sunrise Prelude To A Kiss 1990

https://youtu.be/31YmxltD1ww



『爽やか(さわやか、さはやか) 三秋

【子季語】
 爽気、秋爽、さやけし、さやか、爽やぐ

【解説】
 爽やかとは、もともとはさらりと乾いた秋風が吹くことをいう。次にその風に包まれるときの感じをいうようになり、さらに秋のここちよい気分をいうようになった。

【来歴】
 『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。』
(季語と歳時記)



爽かの俳句:


・御厨子の扉ひらきまつるや爽かに  日野草城


・爽やかな目覚めに朝日賜はりし  吉村ひさ志


・飲みしゃぶる爽やか赤ちゃんあくびする  高澤良一


・黒釉に爽やかな白巴紋  沢木欣一


・耳飾りキラリと爽気身ほとりに  柴田白葉女




有難いことに、爽やかな秋の日が続いている。
爽やかさを感じるには、陽の光と澄んだ空気が必要なのだが、それがこのところ満たされている。

よく飲み、あくびして、よく眠る赤ちゃんは元気そのものだ。
生き生きしている生命は、爽やかそのものだ。

黒釉に白巴紋の酒盃でもあったら、是非入手したいものだが...

イヤリングがキラリと光る美しい女(ひと)が通り過ぎると、爽やかな香りが漂い初める。
 それは美しい瞬間だ。





関連記事

最終更新日 : 2022-11-11

Comment







管理者にだけ表示を許可