2022/11/09 日記 山粧う - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/11/09 日記 山粧う
2022-11-09 (Wed)  21:11

2022/11/09 日記 山粧う

2022/11/09 () 旧暦: 1016日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 610分 日没:  1639分 月出:  1703分 月没:  639分 月齢:  14.67 潮汐:  大潮 干支:  丙寅 六曜:  先勝 九星:  四緑木星


今日のあれこれ: 山粧う

『4K 奥久慈男体山と持方集落「紅葉全景空撮」』

https://youtu.be/WFJWZD4VRxs



『山粧ふ(やまよそおう/やまよそほふ) 三秋

【子季語】

 山彩る、粧ふ山
【解説】
 紅葉した山の姿を、「粧っているようだ」とたとえた言葉。
みごとな紅葉山は、まさに金繍を身に纏ったかのようである。』
(季語と歳時記)



山粧ふの俳句:


・鳶舞ひて越後三山粧へり   德田千鶴子


・山粧ふダム湖は銀の光撥ね   滋野暁


・人知れず深山粧ひ初めにけり   三宅照一




昼は、陽の光があり温かい。
陽が落ち、夜が深まるに連れて、熱を失った地表は急激に寒くなる。
この気温差が、樹々を紅葉させる。

このところの急激な気温の低下により、紅葉の紅は一層深くなった。

今年の紅葉は、確りと今のうちに、目に焼き付けて置きたい。






関連記事

最終更新日 : 2022-11-09

Comment







管理者にだけ表示を許可