2022/09/25 日記  秋遍路 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/09/25 日記  秋遍路
2022-09-25 (Sun)  16:20

2022/09/25 日記  秋遍路

2022/09/25 () 旧暦: 830日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 530分 日没:  1734分 月出:  428分 月没:  1727分 月齢:  28.78 潮汐:  大潮 干支:  辛巳 六曜:  先勝 九星:  四緑木星


今日のあれこれ: 秋遍路


2022.09.25 小さめな旅 (132) 秋遍路の始まり~愛媛県松山市~」

https://youtu.be/25DNgeD3fuw



『秋遍路

  三秋

遍路は春のものとされているが、秋の日和のよいころに四国八十八か所などの札所めぐりをすることをいう。
 秋の遍路にはどこか淋しさが伴う。』
(季語と歳時記)


 
秋遍路の俳句:


・ひたすらに荒磯伝ひの秋遍路  近藤一鴻


・秋遍路杖から動く影法師  井田道子


・ひもじさをまぎらす鈴か秋遍路  鷹羽狩行


・秋遍路日暮れの鈴をしまひけり  石川みのる


・荒鋤きの土美しや秋遍路  神尾久美子




天気が回復したので、秋遍路に出ている人には元気が戻ったに違いない。

と考えたが、それは世間的な考えかもしれないと反省した。

ご遍路さんは、晴れの日も風の日も雨の日も雪の日も、与えられたお天気の中で、心はお大師さまにお預けして、ひたすら歩む人なのだから。


神尾氏の句。
一念に歩き続けていると、心に変容が起こり、見るもの、聴くものが今までとは違って、くっきりとして美しく見え、快く耳に響くものらしい。

耕された畑の土さえが、光を浴びてくっきりと美しく、そこにあるのが見えると。





関連記事

最終更新日 : 2022-09-25

Comment







管理者にだけ表示を許可