2022/08/15 日記 魂迎  - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/08/15 日記 魂迎 
2022-08-15 (Mon)  19:25

2022/08/15 日記 魂迎 

2022/08/15 () 旧暦: 718日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  月遅れ盆、終戦の日 日出: 459分 日没:  1831分 月出:  2042分 月没:  808分 月齢:  17.38 潮汐:  中潮 干支:  庚子 六曜:  赤口 九星:  九紫火星


今日のあれこれ: 魂迎

2022年、東京のお盆の迎え火」

https://youtu.be/9nSD8PaUc90



『【霊迎え/▽魂迎え】 の解説
「精霊(しょうりょう)迎え」に同じ。
《季 秋》「はまなすの数朱くれなゐ/林火」霊送り。』
(デジタル大辞泉(小学館))

『【精霊迎え】 の解説
盂蘭盆(うらぼん)の初日に、迎え火をたいて精霊が帰ってくるのを迎えること。たまむかえ。《季 秋》』
(デジタル大辞泉(小学館))

『うらぼん【×盂×蘭盆】 の解説
7
15日を中心に祖先の冥福(めいふく)を祈る仏事。江戸時代からは13日から16日にかけて行われ、ふつう、迎え火をたいて死者の霊を迎え、精霊棚(しょうりょうだな)を作って供物をそなえ、僧による棚経(たなぎょう)をあげ、墓参りなどをし、送り火をたいて、霊を送る。
 現在は、地方により陰暦で行う所と、一月遅れの815日前後に行う所とがある。精霊会(しょうりょうえ)。盆。お盆。盂蘭盆会(うらぼんえ)。魂祭(たままつ)り。うらんぼん。《季 秋》』
(デジタル大辞泉(小学館))



魂迎の俳句:


・魂迎ここ通られよ石畳  上野章子


・魂迎へ色つややかに茄子の馬   花岡豊香


・一挺の三味線供へ魂迎  伊藤柏翠


・またの世も親子でゐたし魂迎   松田明子


・魂迎う感謝の言葉言いたくて   都築繁子




お盆。
迎火を焚いて、父、母、祖母、祖父、姉、兄...
この世から旅立った御魂をお迎えする。
御魂無くして、自分は存在しない。
自分が旅立っても、子孫がまた呼んでくれることだろう。

この世に生きるものはすべて寿命がある。
もし、生きるものに永遠の生命が与えられたらどうなるか。
この世は、生きものに埋め尽くされ、食料に飢えた生きもの同士、お互いを食べ合う地獄がやってくる。
この世は、生と死が繋がって平和が維持される仕組みになっている。
合理的なものだ。

この世を旅立った魂は、年に一度この世に戻ってきて、三味線を弾く事もできる。

お盆の魂迎え、御魂たちと懐かしい昔話に花を咲かせる刻だ。
こんな嬉しい刻はない。





関連記事

最終更新日 : 2022-08-15

Comment







管理者にだけ表示を許可