2022/08/11 日記 百日紅  - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/08/11 日記 百日紅 
2022-08-11 (Thu)  19:25

2022/08/11 日記 百日紅 

2022/08/11 () 旧暦: 714日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  山の日 日出: 456分 日没:  1835分 月出:  1826分 月没:  315分 月齢:  13.38 潮汐:  中潮 干支:  丙申 六曜:  友引 九星:  四緑木星


今日のあれこれ: 百日紅

「【百日紅園】サルスベリ( 空撮有り)202283日撮影 群馬県神流町」

https://youtu.be/jX_jxRDpgz8



『百日紅(さるすべり)  仲夏

【子季語】
 百日紅(ひやくじつこう)、紫薇、怕痒樹、くすぐりの木、白さるすべり

【解説】
 梅雨明けごろから九月末まで咲き続ける木の花。「百日紅(ひゃくじつこう)」の名は、百日ものあいだ咲きつづけることに由来する。花の色は紅のほかに白、紫もある。樹幹の肌が滑らかで、「猿も滑る」ところからこの名がある。

【来歴】
 『俳諧初学抄』(寛永18年、1641年)に所出。

【文学での言及】
 足引のやまのかけぢの猿滑りすべらかにても世をわたらばや 藤原為家『夫木和歌抄』

【科学的見解】
百日紅(サルスベリ)は、ミソハギ科サルスベリ属の落葉小 高木。
 中国南部が原産で、日本には江戸期以前に渡来した。高さは大きなもので十メートルくらいになる。幹はなめらかで薄茶色、葉は楕円形で長さ五センチくらい。
 七月から九月にかけて、枝先の円錐花序に皺の多い六弁の小花を次々に咲かせる。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)



百日紅の俳句:


・百日紅茜さしきて燃え上がり  福屋千穂美


・百日紅まなじりに火の育つ日々  福永耕二


・百日紅ひと日ひと日の身をいとふ  西本一都



・百日紅いついつまでの父たりや  清水基吉

・百日紅咲きつぐなかに父老いぬ  大串章

・百日紅父を思いて母のことも  伊関葉子

・父死ぬか百日紅も古びたり  森澄雄

・抱き起こす父のかるさよ百日紅  石嶌岳




舗道に植えられた樹が華やかになった。
数十mだが百日紅が植えられている。
名前の通り百日紅は、紅い花が一般的だが、この舗道には白も薄桃色の百日紅も植えられている。

炎天下に空を目指して、花を伸ばしている姿は精気に満ちている。
 見ているだけで元気を貰えそうな気がする。


百日紅は、実家にあったの知っている花だ。
今は亡き父が植えたものだった。
毎年、夏に紅い花を伸ばしているのを見て過ごした。

その為か、百日紅の例句を読んでいて、父親と百日紅を詠んだ句が目に止まった。
 全てではないが、5句選んでみた。

任地が遠くはなれていたので、死に目には立ち会えなかった。
 子供の頃の怖い父と年老いて病に伏した父との落差は大きいが、どちらも父の姿だ。

俳人たちの百日紅の句を読んでいて、実家の百日紅と父を思い出すことができた。





関連記事

最終更新日 : 2022-08-11

Comment







管理者にだけ表示を許可