2022/08/05 日記 秋田竿燈まつり  - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/08/05 日記 秋田竿燈まつり 
2022-08-05 (Fri)  19:51

2022/08/05 日記 秋田竿燈まつり 

2022/08/05 () 旧暦: 78日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  上弦 日出: 451分 日没:  1841分 月出:  1153分 月没:  2244分 月齢:  7.38 潮汐:  小潮 干支:  庚寅 六曜:  友引 九星:  一白水星


今日のあれこれ: 秋田竿燈まつり


「秋田 竿燈祭り 2022年 初日」

https://youtu.be/TqeVVISKdmg



『竿燈(かんとう) 初秋

【解説】
秋田市で八月五~七日の七夕祭に行われる。
 四十六個または 四十八個の提燈をつけた竿燈を、額、肩、腰などにのせて、町じゅうを練り歩く。

(季語と歳時記)



竿灯の俳句:


・竿灯の火の河絶えずゆらぎゐて  高澤良一


・竿灯を腰で支へて鉄火肌  西村和子


・竿灯を立直す時大揺れに  白井貴佐子


・竿灯担ぐ下駄の歯一本男意気  岡本喜美




東北の夏祭りは、コロナ禍が終わらない中、3年ぶりに再開されている。 ねぶた祭と同じ様に秋田の竿燈まつりも再開された。

竿燈まつりも行ったことがあるが、竿燈を倒さすに立て続ける技を見て楽しむものだ。
 上手な人が撓む竿燈を見事に操ると、これは見事だと観客も見る目を要求される。その意味では、観光客には難しい祭りかもしれない。
 ぼんやりと見ていたりすると、突然竿燈が頭の上に倒れかかってきてびっくりしたりする。
 観光客も中に入って踊ることが出来る様な祭りのほうが参加する楽しみがある。

竿燈の例句は、探してみたが多くは見つからない。
俳人たちに、もっと竿燈まつりを宣伝する必要がある。





関連記事

最終更新日 : 2022-08-05

Comment







管理者にだけ表示を許可