2022/08/02 日記 白南風 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/08/02 日記 白南風
2022-08-02 (Tue)  19:30

2022/08/02 日記 白南風

2022/08/02 () 旧暦: 75日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 449分 日没:  1844分 月出:  845分 月没:  2120分 月齢:  4.38 潮汐:  中潮 干支:  丁亥 六曜:  大安 九星:  四緑木星


今日のあれこれ: 白南風

「【沖縄旅行ガイド】15分で行ける離島の楽園ビーチ・水納島の透き通る海がヤバイ【観光スポット紹介】」

https://youtu.be/8pN9cLYJSKo



『白南風(しろはえ)  晩夏

【子季語】
 しろばえ、しらはえ

【解説】
 梅雨が終わり空が明るくなった頃、南東方面から吹いてくる夏の季節風。
 暗い梅雨空に吹く南風を黒南風というのに対して、梅雨明けの明るい空に吹く風を白南風という。』
(季語と歳時記)



白南風の俳句:


・白南風となる安達太良の辺りより   稲畑廣太郎


・白南風にまた逢ひたくて岬に立つ   藤原たかを


・屋上に白南風あびて背伸びかな   野村宏


・白南風にあらあらと皮膚呼吸かな  前田美智子


・宗祇水を掬ふ掌白南風に   加藤廣子


・白南風にかざしてまろし少女の掌  楠本憲吉




八月に入り、急に夏本番になった。
雲に覆われた空が青空になり、浮かぶ雲も灰色だったのがムクムクとした綿菓子のような白い雲になった。その御蔭で世界が明るくなった。
 照りつける太陽のため暑くなり、夏本番になった。

空、雲の他にもう一つ変わった。
それは、風だ。

南から吹く風なので湿度は高いが、風が吹けば暑さも吹き流してくれる。

白南風というのは、元々は漁師たちの言葉だそうだが、お天気がよく安定した明るい日が来て、漁ができる日。
 そんな日に吹く風は明るく、白という言葉が似合う風なのだろう。

今では、漁師だけではなく、地上に暮らしている俳人たちも白南風が吹くのを楽しみにしている。

例句を読んでいて白南風には幸せを運んでくる力があると感じた。

山辺でも、岬でも、屋上でも吹いてくる白南風に暑さも忘れて、幸せそうだ。





関連記事

最終更新日 : 2022-08-02

Comment







管理者にだけ表示を許可