2022/07/26 日記 メロン - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/07/26 日記 メロン
2022-07-26 (Tue)  20:34

2022/07/26 日記 メロン

2022/07/26 () 旧暦: 628日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 444分 日没:  1850分 月出:  203分 月没:  1720分 月齢:  27.01 潮汐:  中潮 干支:  庚辰 六曜:  先負 九星:  二黒土星


今日のあれこれ: メロン

「タカミメロン収穫ピーク(宮崎県日南市南郷町)」

https://youtu.be/m8-yds8mNS0



『メロン 晩夏

【子季語】
 マスクメロン、プリンスメロン、夕張メロン

【解説】
 メロンは、ギリシャ語のmelopepon(りんごのような瓜)が語 源。古代エジプトですでに栽培され、東西に伝わったとされる。メロンの王様は、ヨーロッパで発達した網目のあるマスクメロン、果肉はやわらかく甘くうす緑色。夕張メロンの果肉はオレンジ色。

【科学的見解】
 メロンは、つる性の一年草であり、大きく西洋系のメロンと東洋系のメロンが存在する。日本へは、東洋系のメロン(マクワウリやシロウリなど)が二千年以上前に導入されたらしく、その証拠として縄文から弥生時代の遺跡から種子が見つかっている。西洋系のメロン(ネットメロンやイボメロンなど)は、明治以降に導入され、香りや甘みが強いため、現在の生食用の主流メロンとなっている。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)



メロンの俳句:


・メロンの眠りレモンの目覚め癒ゆる日々  加藤知世子


・メロン食べ病みて幸せなどと言ひ  岡田悦子


・皿に置く小舟のやうなメロン揺れ   有賀昌子


・豪快に切つて二人のメロンの夜   山田弘子


・メロンの香くちびるになほありしかな  日野草城



メロンというと、昔は入院中の病人にお見舞いとして贈る高級な果物だった。
 日常生活で、西瓜のように家族全員で楽しむ果物のイメージでは無かったと思う。

時代が変わり、新しいメロンが栽培され、高級くだもの店だけではなく、スーパーの果物売り場に並ぶようになっている。

今は、果物のウリは種類が多く50種類近くあるそうだ。
メロンについては、少し前は、夕張メロンが人気だったが、今は色々なメロンが登場している。

先週、スーパーに売られていたタカミメロン(貴味メロン)が、日常の果物として登場した。
 香りがよく、爽やかな甘味と残り香の余韻が上品さを感じさせるもので、美味しかった。
 個人的には夕張メロンより良いと思った。


まだ他にも良いメロンがあるかもしれない。
赤い果肉ではないメロンで香りの良いものを探してみたい。

メロンの句を読んでいて、日野の句に出会った。
日野のことだから、「くちびる」は自分の唇では無いだろうなと感じた。
 その後、山田の句を読んだ。

やっぱりな!
と思った。
二人だけのメロンも良いものだ。




関連記事

最終更新日 : 2022-07-26

Comment







管理者にだけ表示を許可