2022/07/25 日記 合歓の花 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/07/25 日記 合歓の花
2022-07-25 (Mon)  23:37

2022/07/25 日記 合歓の花

2022/07/25 () 旧暦: 627日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 443分 日没:  1851分 月出:  118分 月没:  1627分 月齢:  26.01 潮汐:  中潮 干支:  己卯 六曜:  友引 九星:  三碧木星


今日のあれこれ: 合歓の花

「日本の野山で咲く花通信 20227月上旬 ネムノキ」

https://youtu.be/rvlqjfro1nU



『合歓の花(ねむのはな)  晩夏

【子季語】
 ねぶの花、ねむり木、花合歓、合昏、絨花樹

【関連季語】
 合歓の実

【解説】
 合歓は淡紅の刷毛のような美しい花を開く。夜になると葉を閉じて眠ったようになるので、この名がある。

【来歴】
 『枝葉集』(正徳元年、1711年)に所出。

【文学での言及】
 昼は咲き夜は恋ひ寝る合歓木の花君のみ見めや戯奴(わけ)さへに見よ 紀女郎『万葉集』

【科学的見解】
 合歓の木(ネムノキ)は、マメ科の落葉高木で、高さ六~十メートル前後になる。日本在来の植物で、本州から沖縄にかけて分布する。葉は多数の小葉からなる二回偶数羽状複葉で羽片は七から十二対、小葉は十八から二十九対になる。夜になると小葉は閉じて垂れ下がり、他のマメ科の植物同様、就眠運動を行う。六月から七月にかけて、枝先に十数個の頭状花序を総状につけ、夕方、紅色の長い雄蕊が多数ある花が傘状に開花する。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)



合歓の花の俳句:


・ちちははの国を仰げば合歓の花  熊谷愛子


・うなじ吹く風のやさしさ合歓の花   岡田房子


・ひとり居の眠気しきりや合歓の花  西山冨美子


・ひと夜経てなほ夢幻なる合歓の花   水野恒彦


・一村は夕靄の中合歓の花   廣畑忠明




昔住んでいた処には、合歓の花を見ることが出来た。
今は都会の市街地に住み、周辺に大きな公園はあるが、合歓の花は見かけない。

優しい、繊細な合歓の花は、都会の汚れた風の中では咲いてくれないのだろうか。

合歓の花を詠んだ句は多い。
ざっと見ただけで、1000句を超えている。
それだけ愛されている花だ。

句を読んでいても、とにかく優しい。
俳人たちも合歓の花の中では、心安まるようだ。
身体を包み込む合歓の花に、激しい感情も失せ、力も抜け、いつしか眠くなるようだ。

一人でも勿論眠くなるのだが、合歓の花咲く村では、一日が終わろうとする頃、もう村全体が安らぎに満ち、眠くなる。
桃源郷も魅力的なところだが、合歓の村にも魅力は満ちている。



関連記事

最終更新日 : 2022-07-26

Comment







管理者にだけ表示を許可