2022/07/20 日記 土用 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/07/20 日記 土用
2022-07-20 (Wed)  23:35

2022/07/20 日記 土用

2022/07/20 () 旧暦: 622日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  土用、下弦 日出: 439分 日没:  1854分 月出:  2309分 月没:  1128分 月齢:  21.01 潮汐:  小潮 干支:  甲戌 六曜:  先負 九星:  八白土星


今日のあれこれ: 土用

「日本海に落ちる7月の夕陽」

https://youtu.be/fmwjFoJ82VM



『土用(どよう) 晩夏

【子季語】
 土用前、土用入、土用の入り、土用中、土用太郎、土用二郎、土用三郎、土用明

【解説】
春夏秋冬それぞれに土用はあるが、普通、土用といえば夏の土用のことである。
 とりわけ夏の土用が取り上げられるのは、陰陽五行や農耕と深くかかわりがあったと思われる。地方によっては、土用の間にしてはならないことなど様々な言い伝えがある。
 今でも土用の丑の日に鰻を食することなど、生活に深く結びついている。』
(季語と歳時記)



土用の俳句:


・一線まろし水平に土用の日が落つる  林原耒井


・巨船出づ浪おだやかな土用入   荻巣純子


・稲の葉の鋭くなりし土用入   原田しずえ


・開け放つ蔵や土用の息吐かせ   小西和子


・柿の実の青くて細き土用哉  正岡子規


・鍬入れて土生きかへる土用かな   谷村幸子


・肝焼や土用次郎の屋台酒  太田蓁樹




土用には、生活習慣が様々存在している。
昔からの言い伝えなので、一概に笑って済ませることも出来ない。

この時期は暑さも厳しく、疫病も起こりやすい。
現に、日本もコロナBA.5に襲われて、第7波の大波が押し寄せている。

健康管理は自分でする他は無い。
栄養、睡眠、運動、マスク・手洗い・うがい、人混みには行かないetc 自己防御しか、自分を守るものはない。

人から離れて、海、山など自然の中に身を置くことも良い方法だ。




関連記事

最終更新日 : 2022-07-21

Comment







管理者にだけ表示を許可