2022/04/24 日記 春雨 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/04/24 日記 春雨
2022-04-24 (Sun)  17:53

2022/04/24 日記 春雨

2022/04/24 () 旧暦: 324日 祝日・節気・雑節・ 朔望:   日出: 457分 日没:  1821分 月出:  128分 月没:  1125分 月齢:  22.86 潮汐:  小潮 干支:  丁未 六曜:  友引 九星:  五黄土星

今日のあれこれ: 春雨

「満開のおかめ桜と春雨の長徳寺2022 京都市 Okame cherry blossoms in full bloom, Chiyotokuji Temple

https://youtu.be/wlgNqlx0SjE



『春雨(はるさめ)  三春

子季語: 膏雨、春の雨
関連季語: 春霖
解説: 春に降る雨の中でも、こまやかに降りつづく雨をいう。一雨ごとに木の芽、花の芽がふくらみ生き物達が活発に動き出す。
 「三冊子」では旧暦の正月から二月の初めに降るのを春の雨。それ以降は春雨と区別している。
来歴: 『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。
文学での言及: 
 わがせこが衣春雨ふるごとに野辺のみどりぞ色まさりける 紀貫之『古今集』

(季語と歳時記)



春雨の俳句:


・一力の盛塩くづす春の雨   島貫寿恵子


・鞍馬石の綺羅ほのかなり春の雨   日下部亞こ


・はるさめや暮なんとしてけふも有  與謝蕪村


・握る掌にぬくとさ残る春の雨  角川源義


・椅子の向きかへて春雨みてゐたり   竹下昌子


・意にかなう酒ありにけり春の雨  宇多喜代子




このところ雨の日が多い。
予報を見ると、太陽のマークがなく、雲と雨滴ばかりだ。
今日の日曜日も曇のち雨になった。

雨と言ってもザーザー降る雨ではなく、1mm2mmの弱い雨が降り続ける。
 春雨らしい雨になった。

駐車場に車を停めて、薬局に入るのに、傘はささない。
冬の雨と違って、濡れても湿る程度で冷たくも寒くもない。
“春雨じゃ濡れて行こう”と言うのは役者のセリフだったか。

宇多の句。
なかなかいける人だ。
春雨を肴に意にかなった酒を酌むと言うのは良い趣味だ。
真似してみよう。




関連記事

最終更新日 : 2022-04-24

Comment







管理者にだけ表示を許可