2022/03/25 日記 辛夷 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/03/25 日記 辛夷
2022-03-25 (Fri)  20:20

2022/03/25 日記 辛夷

2022/03/25 () 旧暦: 223日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  電気記念日、下弦 日出: 538分 日没:  1756分 月出:  041分 月没:  1013分 月齢:  22.39 潮汐:  小潮 干支:  丁丑 六曜:  赤口 九星:  二黒土星


今日のあれこれ: 辛夷


「【4K】美しいコブシの花・新座市・本多の森お花畑(2022319日)(訂正版)」

https://youtu.be/iyk6JtQcKR4



『辛夷(こぶし) 仲春

【子季語】
 木筆、山木蘭、幣辛夷、やまあららぎ、こぶしはじかみ、田打桜

【解説】
 モクレン科の落葉高木、山野に自生し観賞用としても栽植される。
 早春、葉が出る前に、六弁の白い花を枝先につける。莟の形が赤子のこぶしを連想させるのでこぶしと名づけられた。

【科学的見解】
 コブシは、北海道から九州までの温帯域に生育するモクレン属の植物である。また、近縁変種のキタコブシは、北海道から本州中北部の日本海側に分布し、コブシより葉や花が大きいところが特徴である。木材は、家具材や細工物に利用されている。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)



辛夷の俳句:

・山恋へば雲より白き花辛夷   柴田昭子


・風あふれ辛夷樹上の花の舞  林翔


・やはらかき光の中や花辛夷   石原光徳


・花嫁の絹のドレスや花辛夷   与川やよい


・花辛夷新たな暮らし始まれり   堀本祐子




国道に沿った辛夷の並木が満開になった。
今年の冬は寒さが厳しく、辛夷の蕾が毛の衣を纏ったままであった。樹の下を通るたび、見上げるのだが、変わらない。
名古屋を少し離れて、戻ってみると、花が数輪開いていた。

昨日、今日と暖かい春の陽が続いたため、今日見上げると満開に近く咲いていた。

公園を通り抜ける時、純白のウエディングドレスを着た花嫁とフォーマルウエアの花婿さんが居た。
 こんなところで何だろうと思った。撮影会やロケではなさそうだし、写真屋さんの戸外撮影サービスなのかも知れない。
 花辛夷もウエディングドレスも白だから、遠くから目立ち、近くでは清潔な清々しさ・明るさを感じさせる。

3
月は残り少なくなった。
4
月からは、入学や就職や転居や結婚や...新しい生活を始める人も多い。

新たな暮らしを始める季節なのだ。





関連記事

最終更新日 : 2022-03-25

Comment







管理者にだけ表示を許可