2022/01/20 日記 大寒 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/01/20 日記 大寒
2022-01-20 (Thu)  21:00

2022/01/20 日記 大寒

2022/01/20 () 旧暦: 1218日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  大寒 日出: 648分 日没:  1655分 月出:  1900分 月没:  824分 月齢:  17.35 潮汐:  大潮 干支:  癸酉 六曜:  大安 九星:  一白水星


今日のあれこれ: 大寒

「まさに「大寒」寒波がピーク 日本海側は“冬の嵐”(2022120)

https://youtu.be/0gShQEKkfCo



『大寒: 寒がはり

 晩冬

二十四節気の一つ。
陽暦の一月二十一日ごろにあたり、このころから立春までの間が、一年のうちで最も寒さが厳しい。』
(季語と歳時記)



大寒の俳句:


・薄日さし荒野荒海大寒なり  福田蓼汀


・大寒や閻魔の剣は鈍色に   春田淳子


・満天の星大寒の位置に就く   根岸善行


・父を埋め大寒の月にまかせる子等   八田木枯


・矢を放つまで大寒の虚空かな   高倉和子




今日は大寒
気象については、暦が先行することが多いが、今年は暦とお天気が一致している。

日差しはあるのだが、風が冷たく、温かさを感じさせない。
手袋をしていない手は可哀想なほど冷たい。
早朝の車のハンドルは冷え切っていて、握っていられない。

大寒の日は厳しいものだから、気持ちもピリッと引き締まるのだろう。
 例句を読んでいて、そんなことを感じた。

3句。
何か殺気立つものがある。

2句。
それに加えて、シュールの匂いがする。
八田の句。本当なのだろうか。月も困るだろうに。寒い寒い夜だ。

高倉の句。それは、解ったとして。放った後はどうなったのか知りたい。






関連記事

最終更新日 : 2022-01-20

Comment







管理者にだけ表示を許可