2022/01/17 日記 山眠る - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/01/17 日記 山眠る
2022-01-17 (Mon)  19:35

2022/01/17 日記 山眠る

2022/01/17 () 旧暦: 1215日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  土用、防災とボランティアの日 日出: 649分 日没:  1652分 月出:  1601分 月没:  621分 月齢:  14.35 潮汐:  大潮 干支:  庚午 六曜:  友引 九星:  七赤金星


今日のあれこれ: 山眠る

2022 1 10 雪の動山」

https://youtu.be/VeX9A_f3VDE



『山眠る(やまねむる) 三冬

【子季語】
 眠る山

【解説】
 冬山を擬人化したもの。
中国の山水画伯、郭煕の画論の次の言葉「冬山惨淡として眠るがごとく」が、この季語の原点。
 春は「山笑ふ」夏「山滴る」秋「山粧ふ」、季節に応じて使い分けのできる重宝な季語。』
(季語と歳時記)



山眠るの俳句:


・落人の部落を抱き山眠る   柴崎加代子


・里山も修験の山も眠りけり   宮井知英


・林道を鎖で閉ざし山眠る   生田作


・落葉踏む音しんとして山眠る   菊谷潔


・落ちてゆく夕日沈めて山眠る   稲畑汀子




トンガの海底火山の噴火には驚かされた。
と言っても、実際に見ているのではないが、眠っている時に
突然なった緊急連絡メールに驚かされた。
今までにはなかった噴火なので、気象庁も驚いて振り回されたようだ。

日本の富士山も噴火の時が近づいていると言われて、久しい。
 火山に関して言えば、そのままお眠りになっていただきたい。

眠る山は詩の世界にあり、美しいのだから。






関連記事

最終更新日 : 2022-01-17

Comment







管理者にだけ表示を許可