2022/01/12 日記 寒月 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2022/01/12 日記 寒月
2022-01-12 (Wed)  17:33

2022/01/12 日記 寒月

2022/01/12 () 旧暦: 1210日 祝日・節気・雑節・ 朔望:  日出: 650分 日没:  1647分 月出:  1232分 月没:  140分 月齢: 9.35 潮汐:  長潮 干支:  乙丑 六曜:  先負 九星:  二黒土星


今日のあれこれ: 寒月

clip_image002
(伊勢志摩観光ナビ
https://www.iseshima-kanko.jp/event/1018/
より転載)



『寒月

  晩冬
.
厳寒の空にさえざえとある月。満月に近い寒月の夜は、冷たい月光が降り注ぎ建物の影や自分の影が地面に黒々と落ちる。
 いよいよ寒さが身に滲みて、帰宅の足も自ずと早まる。』
(季語と歳時記)



寒月の俳句:


・寒の月牡丹畑の上に高く  山口青邨


・お地蔵は笑み寒月の父の墓  川端茅舎


・寒の月鋭く痩せて星育つ  森下肖史


・階登り来しが寒月よそよそし  三橋鷹女


・寒月にぢんぢんと鳴る石の庭  山口誓子




月を見るなら10月だ。
1
月の月は寒い。
名前も寒月だから、一層寒い。

山口青邨と茅舎はともかく、他の3人の俳人は月の寒さに苦労している。

誓子の“ぢんぢん”は解る気がする。




関連記事

最終更新日 : 2022-01-12

Comment







管理者にだけ表示を許可