2021/12/30 日記 注連飾る  - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/12/30 日記 注連飾る 
2021-12-30 (Thu)  20:28

2021/12/30 日記 注連飾る 

2021/12/30 ()  旧暦: 1127日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 650分  日没: 1636分  月出: 230分  月没: 1320分  月齢: 25.8  潮汐: 若潮  干支: 壬子  六曜: 先勝  九星: 三碧木星 


今日のあれこれ: 注連飾る

「信州産の稲わらで作る「しめ飾りの作り方」 2022年版」

https://youtu.be/YJz-R1qgjK8



『注連飾る: 一夜飾り、輪飾り

  暮

新年に年神さまを迎える準備として、注連縄を張り神聖な空間を示す。
 その土地によって飾るものも少し異なるが、穂俵や昆布など縁起のよいものが多い。
 また飾る場所も玄関や神棚のほか、台所や竈など様々であ
る。一日飾りはよくないとされ、暮の三十日までに飾る。』
(季語と歳時記)



注連飾るの俳句:


・壬生の路地黒塗り格子に注連飾る   茂里正治


・楼門に僧が辞儀して注連飾る   筒井圭子朗


・注連飾る軒に朝日のかかりけり   佐俣まさを




注連を飾るというのは、無色透明な時に印をつけることだと思う。
 カチカチと時を刻む時計ではなく、滑らかに止まることなく滑っていくような電子時計の秒針のように時に印をつける意味を持っている。

明後日からは、切れ目なく持続する歳月だが、令和4年が始まることになっている。
 その区切りとして注連飾りは玄関のドアの外に設置されている。

今日の朝、漸く玄関のドアの外に注連飾りを下げた。
これで新しい年を迎えることができる。





関連記事

最終更新日 : 2021-12-30

Comment







管理者にだけ表示を許可