2021/09/16 日記 枝豆 - 菜花亭日乗
fc2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/09/16 日記 枝豆
2021-09-16 (Thu)  19:51

2021/09/16 日記 枝豆

2021/09/16 ()  旧暦: 810日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 524分  日没: 1747分  月出: 1509分  月没: ----  月齢: 9.09  潮汐: 長潮  干支: 丁卯  六曜: 大安  九星: 九紫火星 


今日のあれこれ: 枝豆

「ジャパンビアソムリエが、ただただオリオンビール×枝豆を嗜む動画#1

https://youtu.be/d56Ir7Qz6Fk



『枝豆(えだまめ) 三秋

【子季語】
 月見豆
【解説】
 まだ十分に熟さない青い大豆のこと。塩茹をして食べる。
枝つきのまま茹でるので枝豆という名がついた。
十五夜にお供えすることから月見豆ともいう。

【来歴】
『増山の井』(寛文7年、1667年)に所出。』
(季語と歳時記)




枝豆の俳句:


・冴え冴えと枝豆白磁の皿大き  河野多希女


・芋ヲ喰ハヌ枝豆好ノ上戸カナ  正岡子規


・下戸なれど枝豆つまむ切りもなし   安部里子


・月見豆この世後編たのしくて   北川孝子


・枝豆とコップ二つを出しておこ  関澄ちとせ


・枝豆に藍色の猪口好みけり  長谷川かな女




枝豆は夕餉の卓に並ぶ庶民的な食べ物。
河野の句は、大きな白磁の皿に盛られた枝豆。
ゴージャスで白と緑が冴え冴えと映えて、いい感じ。

上戸が酒の邪魔をしない枝豆を好むのは理由があることだが、下戸もまた枝豆をよく食べる。意外と多い気がする。その理由はなんだろう。

仲秋は月見の季節、この季節は枝豆も月見豆になる。
月を愛でながら、枝豆も楽しむ季節だ。
枝豆を口に入れながら、人生後半戦を思いのままに楽しく生きている、何と余裕の人ではないか!!
北川女史にお話を伺いたいものだ。

関澄さんは枝豆を用意して、コップ二つを用意して、帰ってくる旦那さんを待つのだろう。
 二人で枝豆を頬張りながら、差しつ差されつ、イイネ!!

かな女さんの藍色の猪口を好んだ人は、亡くなった愛人なのだろうか、来なくなったお客なのだろうか、それはわからない。しかし、余程枝豆が好きだったことは間違いないし、お気に入りの人だったことも間違いない。


今日は、夕餉に枝豆があった。
白磁の皿ではなかったが、泡盛の水割りをいただきながら、枝豆を楽しむことが出来た。佳い日だった。





関連記事

最終更新日 : 2021-09-16

Comment







管理者にだけ表示を許可