2017/08/11  日記  かき氷 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2017/08/11  日記  かき氷
2017-08-11 (Fri)  21:47

2017/08/11  日記  かき氷

2017/8/11 (金) 旧暦:620日 祝日・節気: 山の日 日出 :456分 日没:1835分 月出:2045分 月没:800分 月齢:18.72 干支: 庚午 六曜: 先勝 九星: 六白金星

今日のあれこれ: かき氷

clip_image001
(おんな道の駅 琉冰のアイスマウンテン
OKINAWA INFO!
より転載




『氷水 こおりみず/こほりみづ 三夏
夏氷、かき氷、甘露水、氷小豆、氷苺、氷金時、氷レモン、氷宇治、みぞれ、かちわり、氷店、氷旗

氷を雪のように削った食べ物。糖蜜をかけて食す。現在は果汁や練乳で甘みを付け、抹茶、小豆餡、クリームなどを添える。真夏の涼味として一般的。

山里や母を養ふ夏氷
暁台「この時雨」

片隅に旅はひとりのかき氷
森澄雄 「游方」』
(季語と歳時記)



かき氷の俳句:



・かき氷やはり二人は未然形  藤井基史



・かき氷ひとつを崩しあふふたり  藤原若菜



・かき氷ひとりに余し夫恋し  平野加代子




台風5号が過ぎ去っても、お天気はすっきりしない。
むしろ、梅雨が舞い戻ったような蒸し暑さだ。
熱がこもったような昼が極まると、雷と大雨の襲来だ。

こんな日にはかき氷が懐かしい。

二人で食べる物は色々あるが、かき氷もそうだろう。
藤井のかき氷は、それぞれがそれぞれのかき氷を食べる未然形。

藤原のは自分はこっち、彼は向こうの相合かき氷。
平野の場合は、向こうにいるべき夫がもういない、一人だけのかき氷。


相合かき氷を食べるなら、沖縄の恩納村のアイスマウンテンがお薦めだ。
沖縄恩納村のおんな道の駅のかき氷はダイナミックで情熱を感じさせるかき氷だ。

「沖縄屈指のかき氷を「琉冰 おんなの駅」でぜひ!」
http://oknw.info/eat/ryupin-onnanoeki/


お洒落な空間ではないが、人が満ち溢れている。屋台村のようなアウトドアの席で食べるのが、飾らない気安さの中に引き入れてくれる。


このアイスマウンテンを相合かき氷にできれば、幸せになること間違いない。





関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可