2021/06/11  日記 百合 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/06/11  日記 百合
2021-06-11 (Fri)  19:50

2021/06/11  日記 百合

2021/06/11 ()  旧暦: 52日  祝日・節気・雑節・朔望: 入梅  日出: 424分  日没: 1856分  月出: 443分 月没: 1946分  月齢: 0.67  潮汐: 大潮  干支: 庚寅  六曜: 赤口  九星: 三碧木星 


今日のあれこれ: 百合


2021年開催中止となった伊江島ゆり祭り会場の美しいゆり」


https://youtu.be/APGrCtIerZ8



『百合の花(ゆりのはな)  仲夏

【子季語】
 鬼百合、鉄砲百合、笹百合、姫百合、車百合、山百合、鹿の子百合、透百合、白百合

【解説】
 百合は夏、ラッパ形の香り高い花を咲かせる。白に紅の斑がある山百合、黄赤に紫の斑がある鬼百合、花が大砲の筒のような鉄砲百合など、原種だけでも百種以上を数える。「ゆり」の語源は「揺り」で、「百合」の字を当てるのは、ゆり根の鱗茎の重なりあうさまからきている。

【来歴】
 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。

【文学での言及】
 道の辺の草深百合の花笑みに笑みしがからに妻と言ふべしや 作者不詳『万葉集』

 夏の野の茂みに咲ける姫百合の知らえぬ恋は苦しきものぞ 坂上郎女『万葉集』

【科学的見解】
 百合は、ユリ科の球根植物の総称で、アジア、ヨーロッパ、北アメリカなどの北半球に広く分布する。地下に球状の鱗茎をもちそこから茎が伸びる。五月から八月にかけて一茎に一個または数個の花を咲かせる。ヤマユリは日本原産でおもに本州の山地に自生する。六片の白い花びらに赤い斑点が持ち、高さは百五十センチくらい。花は大輪で二十センチにもなり、強い香りを放つ。オニユリは、古く中国から渡来したものと考えられ、日本全国に広く自生する。六片のオレンジ色の花びらに黒い斑点を持ち、花びらは中ほどから外側へ反り返る。その他にも、在来種としてコオニユリ、ササユリ、テッポウユリ、スカシユリなどがあり、外来種や園芸品種も多数存在する。(藤吉正明記)』
(季語と歳時記)



百合の俳句:


・軋むほど色濃く百合の群れをりぬ  立村霜衣


・霊界の入口に百合佇つごとし 高澤良一


・竜宮へとどけ散骨百合しろし  藤井明子


・腕の中百合ひらきくる気配あり 津川絵理子


・佛前の百合開かむとして動く 岡本眸


・凛々の生気為朝百合に見る 大橋敦



数年前沖縄の伊江島に行ったことがある。
沖縄の海洋博公園の沖合に見える島であり、飛行機からも見えるので、知らない内に誰も見ている島だ。

島に行くには本部からフェリーに乗る必要がある島だ。
歩いて見物できるほど小さな島ではないので車ごとフェリーが普通だろう。

5
月末だったので百合祭りはもう終わっていたが、そこここにポスターが貼られて居て、百合の咲く頃来てみたいと思った。
 今年は、コロナのため祭りは中止となったが、百合にコロナは関係ない。確りと百合は群れ咲いたことは動画で見ることが出来る。

5
月の末の伊江島に百合の花はなかったが、月桃の花が見えた。数多く月桃が生い茂っている。島なので防風代わりに植えられているのだろうか。
 沖縄では月桃は路傍の花で注目されないが、個人的には月桃の花が好きなので、5月の中旬に時期をチューニングして来たいなとも思った。

季語「百合」の例句を読んで、百合は心を動かす力があると感じた。

高澤、藤井は此岸と彼岸の中間に咲く百合を詠んでいる。
調べてみると、日本でも西欧でも冠婚葬祭の場面で、良く使われるそうだ。
 花言葉も、純潔、威厳、無垢、正直、甘美など良い言葉が選ばれている。

腕の中や仏壇の花瓶の中で、開かんとして動く百合は、彼岸の人が話しかけているように感じられるのだ。


大橋の「凜々の生気」が気になったので、見たことがない為朝百合を見たくなった。

為朝百合は伊豆諸島での通称で、正式な名はサクユリ(作百合)だそうだ。
 伊豆諸島に自生する日本固有の百合で世界最大の百合だそうだ。

clip_image002
(あぐりいといがわ
http://www.agri-itoigawa.com/category/23/
より転載)

「凜々たる生気」、確かに感じられる。
コロナに負けぬ力を受け取ることができそうだ。

此処まで書いてきて、記憶が蘇った。
那覇のお気に入りの店。
ホテルにチェックインして、予約しておいた開店間際にドアを開けて店に入る。
 広くはない空間にあるカウンターに座る。
那覇にやってきたと思う瞬間だ。
左の端に置かれている花入れが目に入る。
胡蝶蘭ではない。
この店は、いつも大きな百合の花が生けられている。
空港では胡蝶蘭が、この店では百合の花が出迎えてくれる。




関連記事

最終更新日 : 2021-06-11

Comment







管理者にだけ表示を許可