2017/08/21  日記  花火 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2017/08/21  日記  花火
2017-08-21 (Mon)  21:10

2017/08/21  日記  花火

2017/8/21 (月) 旧暦:630日 祝日・節気:  日出 :504分 日没:1823分 月出:409分 月没:1802分 月齢:28.72 干支: 庚辰 六曜: 大安 九星: 五黄土星

 

今日のあれこれ: 花火

 

「三尺玉が八発!!2017長岡大花火大会、二日間の三尺玉を全て収録(4ch録音・高音質・ヘッドホン視聴可)」

https://youtu.be/X_iG_-JWDis

 

 

 

『花火(はなび) 初秋

子季語: 煙火、揚花火、仕掛花火、打上花火、遠花火、花火舟、金魚花火、花火大会

関連季語: 手花火

解説: 種々の火薬を組み合わせ、夜空に高く打ち上げて爆発の際の光の色や音を楽しむもの。もともとは、秋祭りの奉納として打ち上げられた。日本一の四尺花火が打ち上げられる新潟県小千谷市の片貝地区では、子供の誕生や入学就職記念、追善供養など、生活の節目節目に、住民が花火を奉納する。

来歴: 『花火草』(寛永13年、1636年)に所出。』

(季語と歳時記)

 

 

 

花火の俳句:

 

・眼裏にいつまでもある大花火  橋本千代子


 

・花火見し一夜花火のことばかり  金子つとむ

 


・花火師の夢大江戸を彩れり  宮原みさを

 

 

 

夏は花火の季節だ。

全国から人の集まる花火から地方の町の花火まで数え切れないほどの花火が打ち上げられる。

 

ただ、この夏は天候不順で、花火日和でない夜も多い。

19日の世田谷区たまがわ花火大会は突然の雷雨で中止になってしまった。

浴衣姿で夜空に上がる花火を待っていた女性たちは突然の雨と風に傘を飛ばされ悲鳴をあげていた可哀想な様子がニュースで流されていた。

雨に濡れた花火は使えなくなり廃棄処分だそうだ。

お天気も非道いことをするものだ。

 

夜空の闇を背景に大輪の花を咲かせる花火は、一瞬の生命。

儚いがゆえに美しい。

いつまでも咲いている造花とは違う。

一瞬の煌き、燃え尽きるからこそ美しい。

 

 

関連記事

最終更新日 : 2019-03-15

Comment







管理者にだけ表示を許可