2021/04/23 日記 杏の花 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/04/23 日記 杏の花
2021-04-23 (Fri)  20:10

2021/04/23 日記 杏の花

2021/04/23 ()  旧暦: 312日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 458分  日没: 1820分  月出: 1349分  月没: 246分  月齢: 11.02  潮汐: 若潮  干支: 辛丑  六曜: 友引  九星: 八白土星 


今日のあれこれ: 杏の花

「あんずの里に咲くあんずの花【4K】」


https://youtu.be/his9XmRKoMY



『杏の花: からももの花、杏咲く、杏散る、花杏、杏花村

  晩春

高さ三メートルから五メートルの落葉高木。樹形は梅に似る。花も梅に似ているがやや大きい。四月頃、白もしくは淡紅色の五弁の花を咲かせる。』
(季語と歳時記)



杏の花の俳句:


・あんず咲く信濃を訪はむ師碑訪はむ   千田百里


・杏咲く枝天に向け天に向け  大野林火


・一樹ただうすもも色に花あんず   新実貞子


・一村の日和全たし花杏  田中水桜


・一村は杏の花に眠るなり  星野立子




桃源郷と言う言葉がある。
 
【桃源郷】とうげん‐きょう〔タウゲンキヤウ〕の解説
《陶淵明「桃花源記」に描かれている桃林に囲まれた平和で豊かな別天地から》俗界を離れた別世界。仙境。理想郷。
[(デジタル大辞泉(小学館)]

確かに、桃の花咲く里は美しい。

杏の花が咲き乱れる里には行ったことがないが、同じ様に、俗世界から離れた別世界であることは想像できる。

杏の花が里一面満開になる。
その日は風も穏やかで、春の光も輝いて、空も青ければ。
無いものはなく、すべて満ち足りた世界の様に感じられる。

田中も星野もそのような全たき日に杏の花咲く村に居合わせた。
 充足された一日が終わり、村は静かに何事もないようにある。
 動画の世界が静止画の世界に変わる。

時よ止まれ、君は美しい!





関連記事

最終更新日 : 2021-04-23

Comment







管理者にだけ表示を許可