2021/04/01 日記 四月 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/04/01 日記 四月
2021-04-01 (Thu)  19:52

2021/04/01 日記 四月

2021/04/01 ()  旧暦: 220日  祝日・節気・雑節・朔望: エイプリールフール  日出: 527分  日没: 1802分  月出: 2214分  月没: 742分  月齢: 18.69  潮汐: 中潮  干支: 己卯  六曜: 先負  九星: 四緑木星 


今日のあれこれ: 四月

「感激を求めて 花見山公園 413日 福島県福島市」


https://youtu.be/tjbVkMLT9Fs



『四月(しがつ/しぐわつ) 晩春
 
子季語: 四月来る
 
草木に花が咲き、鳥が囀る季節。
 入学、入社という社会の新しい出発の時でもある。自然も人も活気に満ちて来る頃である。』
(季語と歳時記)



四月の俳句:


・ためらひも荒びも見せて四月来る   北川孝子


・晒布うてば四月の山辺応へけり  飯田蛇笏


・下藪の笹きらきらと四月立つ  目黒十一


・花屋みな軒をはみ出す四月かな   吉成美代子


・ベランダ四月午後の紅茶の始まれり   末吉治子




今日から四月。
エイプリルフールだが、騙しも、騙されもしない。

四月という言葉には、矢張りキラキラとした輝きがある。
例句を読んでも、輝く日を感じられる。

去年、今年とコロナ禍での春を迎えた。
自粛生活を続けさせられて、出掛けることも、人と語ることも自由にはできない春が続いている。

今、目の前にある生活、世の中は嘘。大嘘。
騙されている。

例句を数多く読んで見れば解る、その中に騙されない春がある。





関連記事

最終更新日 : 2021-04-01

Comment







管理者にだけ表示を許可