2021/03/26 日記 花曇り - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/03/26 日記 花曇り
2021-03-26 (Fri)  19:51

2021/03/26 日記 花曇り

2021/03/26 ()  旧暦: 214日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 536分  日没: 1757分  月出: 1502分  月没: 414分  月齢: 12.69  潮汐: 中潮  干支: 癸酉  六曜: 先負  九星: 七赤金星 


今日のあれこれ: 花曇り

「【4K】牛込橋付近の桜とヒヨドリ(2021320月)」


https://youtu.be/Y4kTm-EaAmI



『花曇(はなぐもり)  晩春

【子季語】
 養花天
【解説】
 桜が咲く頃の曇り空を言う。雲が低く垂れ込めるほどではなく、比較的明るい曇り空である。太陽に暈がかかることもある。  「養花天」は雲が花を養うという発想から生まれた言葉。

【来歴】
 『世話盡』(明暦2年、1656年)に所出。』
(季語と歳時記)



花曇の俳句:


・花ぐもり朧につゞくゆふべかな  蕪村


・花ぐもり心のくまをとりけらし  杉風


・花ぐもり花びら色の餅を買ふ   島谷征良


・花ぐもり機織る音のねむきこと  杉山青風


・ゆで玉子むけばかがやく花曇   中村汀女




週末の天気は、また春の嵐だそうだ。
自粛なのだから花見の宴までは無理としても、雨に風もは止めて欲しい。 まだ満開の桜は見ていないのだから。

今日は、雲は厚くは無かったが、霞というより黄砂なのかも知れないが、スッキリと澄まない空だった。
 明日は、何とか花を見るチャンスがあるかも知れない。

花曇りは江戸の人たちも楽しんできた情趣なのは、蕪村、杉風の句を読めば、良く判る。

遠くまで桜の花が続いて、霞んで見える様。
その様な艶のある光景は、この季節しか見られない。

桜の風情に、心を照らされて。桜色の餅を買い、気持ちの通う人とお茶を飲む。
 この季節に逃したくない情趣だ。

花曇りの句で、好きなのは、中村汀女の句だ。
ゆで玉子と光と満開の花、過去も、今も、未来も、手に入れたい満ち足りた世界。
 明日、明後日、もし天気が雨・風に襲われなければ、宴会は行われない芝生に小さな子供を連れた家族がシートを敷いて、持参したお弁当を広げるだろう。

その時、皮をむかれたゆで玉子は、春の霞んだ光の下で輝いている。





関連記事

最終更新日 : 2021-03-26

Comment







管理者にだけ表示を許可