2021/03/24 日記 初桜 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/03/24 日記 初桜
2021-03-24 (Wed)  19:50

2021/03/24 日記 初桜

2021/03/24 ()  旧暦: 212日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 539分  日没: 1755分  月出: 1249分  月没: 250分  月齢: 10.69  潮汐: 長潮  干支: 辛未  六曜: 先勝  九星: 五黄土星 


今日のあれこれ: 初桜

『【全国トップで開花宣言】2021桜・ソメイヨシノ【広島・縮景園】』


https://youtu.be/pace7v-__c0



『初桜(はつざくら)  仲春

【解説】
その年に初めて咲いた桜のこと。
初花と同義であるが、初花よりも植物であることに重きが置かれる。』
(季語と歳時記)



初桜の俳句:


・顔に似ぬ発句も出でよ初桜  芭蕉


・空に置くまなざしに初桜かな   稲畑汀子


・一蕾の解け初花となる軽さ  藤浦昭代


・見て戻る人には逢はず初桜  千代尼


・行きずりの人と親しく初桜   吉川ハマ子




東京はもう満開だと言う。
今年の開花は早いので、しだれ梅の盛りは見逃してしまった。 桜は気をつけよう。

花を楽しむのは盛りばかりではない。
咲き始めから散り終わるまで、その過程をすべて見届けることもできる。桜の場合は散る様も、散った後も風情がある。

初桜は、気象庁の開花宣言とは違う。
開花宣言の前に、枝に一輪見つけた花も初桜だし、散る桜吹雪も初桜になる、それは人それぞれだ。

桜の様子を見るために、道順を変え、桜のある神社の通りを歩いた。まだ、満開ではなく三分咲きほどだ。
枝先に開いた花を追いかけ、すぐその上の蕾が膨らみ桜色の花びらを見せ始めている。
 これから暫くの間、桜の花たちの艶やかな舞台を楽しませてもらおう。

初桜を見た感動を、千代尼は話す相手を見つけられなかった。
 吉川は運良く、人に遭うことができ、桜を見る楽しみを分かち合うことができた。

 今年は日本酒の会のお花見は中止になってしまい、心残りだが、今日は初桜を確かに見た。
 お花見はこれからだ。





関連記事

最終更新日 : 2021-03-24

Comment







管理者にだけ表示を許可