2021/03/20 日記 春分 春分の日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/03/20 日記 春分 春分の日
2021-03-20 (Sat)  20:06

2021/03/20 日記 春分 春分の日

2021/03/20 ()  旧暦: 28日  祝日・節気・雑節・朔望: 春分の日  日出: 545分  日没: 1752分  月出: 926分  月没: ----  月齢: 6.69  潮汐: 小潮  干支: 丁卯  六曜: 先負  九星: 一白水星 


今日のあれこれ: 春分

2021320日(土)春分の日 京都嵐山の観光風景 Arashiyama


https://youtu.be/cNEDaPqll9U



『春分(しゅんぶん) 仲春

【子季語】
 中日、時正

【解説】
 二十四節気のひとつ。太陽暦の三月二十一日の頃にあたり、太陽の中心が春分点を通過する。太陽は真東から昇り、真西に沈んで、昼と夜の長さがほぼ等しくなる。
 この日を境に昼の時間が次第に長くなっていく。春の彼岸の中日で、このころからいよいよ暖かくなってゆく。』
(季語と歳時記)



春分・春分の日の俳句:


・春分の時報は島の塔に鳴る 北澤瑞史


・春分や伸び上がりたき木々の影  宮津昭彦


・たっぷりと春分の日を歩きけり 増成栗人


・春分や犬に引かるる人のあり  松村光典


・春分や衝動買のネックレス  名和政代




今日は、朝から昼過ぎまでは春分の名に違わない春らしい日になった。
 世はコロナ禍の中にあり、自粛を求められているが、車は多く走り、国道は渋滞するほどだった。
 StayHomeにも限度がある、人と人との間が密にならない車での外出なら許されると考えるのが人情だろう、兎に角春分の日、春らしい日なのだから。

街の中を歩くと植え込みの雪柳、白木蓮、辛夷が艶を競っている。桜の花もチラチラほころび始めている。満開もすぐ先に迫っている。
 一日外に出て歩いて来ると歩数は12000歩を超える。陽に当たり、運動すれば自然にビタミンDが作られ、免疫力がアップする。

2021
年の春分は春らしく、良い日だった。

と、書いてきて、目眩がするのを感じた。
何か体調を崩したのかと一瞬思った。
目眩が長く続くので、地震かもしれないと思い直して、机から離れ、TVで確認。
 矢張り、地震だった宮城県沖震度5M7.2t報道している。津波の可能性があるとの情報で、仙台港の様子をNHKが実況中継している。
 先日も東日本大震災の大きな余震があった。今日もおそらく余震だろう。地球の時間からすれば、10年は一瞬だから。
 昨日、アイスランドの首都近くで火山が大規模噴火したが、800年ぶりだそうだ。
 地球の内部活動が活発になっているのかも知れない。
これからも、地震・噴火には注意が必要だ。

夜になり、地震が発生して驚かされたが、今のところ津波はなく、死傷者・損害も大きくはなさそうだ。

今日は、春分の日として佳い日だったと考えたい。



関連記事

最終更新日 : 2021-03-20

Comment







管理者にだけ表示を許可