2021/02/23 日記  黄梅 迎春花 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/02/23 日記  黄梅 迎春花
2021-02-23 (Tue)  19:32

2021/02/23 日記  黄梅 迎春花

2021/02/23 ()  旧暦: 112日  祝日・節気・雑節・朔望: 天皇誕生日  日出: 618分  日没: 1730分  月出: 1307分  月没: 318分  月齢: 11.33  潮汐: 若潮  干支: 壬寅  六曜: 赤口  九星: 三碧木星 


今日のあれこれ: 黄梅 迎春花

「迎春花」


https://youtu.be/pqtSmi-recY



『黄梅: 迎春花

  初春

モクセイ科の落葉低木。梅の仲間ではない。原産地は中国。早春、葉の出る前に、鮮やかな黄色の小さな筒状の花を、半蔓状の枝につける。』
(季語と歳時記)



黄梅・迎春花の俳句:


・庭隅に黄梅明り雀来る   井関祥子


・黄梅や堰越すときの水ひかり  河野南畦


・迎春花一と花づつの日を重ね  一瀬あやめ




迎春花は知らない花だったが、春を迎えると言う名前は、良い名前だと思った。
 調べてみると、日本では黄梅と呼ぶことが多く、俳句の季語としても黄梅の方の作例が多かった。
 迎春花は中国では一般的らしく、youtubeでも迎春花の動画は多く掲載されている。
 ただ、花の色は黄色ではなく、赤や桃色の花が多く、黄梅と同じ種なのかよくわからない。

いずれにしても、春と言ってもまだ浅く、寒の戻りも強いこの時期に、明るい黄色の花を華やかに咲かせてくれるのは心を慰める。

雀が踊り、春の日差しの中水がきらめく光景を演出する黄梅は、春の使者と呼んで良い。
 黄梅という名前だが種としては梅ではないにしても、花一輪咲ごとに春が近づくことは、梅と同じだ。

動画は高知市の黄梅だが、橋の名前からすると桜の名所のようだ。
 黄梅が早春に春を迎えて、一月後の春本番には桜吹雪が水面に花筏を流すことだろう。





関連記事

最終更新日 : 2021-02-23

Comment







管理者にだけ表示を許可