2021/02/18 日記  雨水 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/02/18 日記  雨水
2021-02-18 (Thu)  19:47

2021/02/18 日記  雨水

2021/02/18 ()  旧暦: 17日  祝日・節気・雑節・朔望: 雨水、旧人日  日出: 624分  日没: 1725分  月出: 951分  月没: 2330分  月齢: 6.33  潮汐: 小潮  干支: 丁酉  六曜: 先勝  九星: 七赤金星  


今日のあれこれ: 雨水

「日本の風景 茨城県 雨引観音 筑波山」


https://youtu.be/vYCC3eg4lWY



『雨水

  初春

二十四節気のひとつ。立春の後十五日、二月二十日頃。
氷雪が溶け水となり、雪が雨に変わること。
草木の芽生えが始まり農耕の備えを始める目安になる。』
(季語と歳時記)



雨水の俳句:


・けぶりゐる筑波の二峰雨水かな   山本無蓋


・けふ雨水軒の雀のにぎにぎし   野上智恵子


・雨水てふ水つぽき雪降りにけり  山崎房子


・雨水とや風邪を引いたる寒暖差   田中臥石


・雨水には雛出すならひ守りたる   吉田節子




筑波山には行ったことがないので、イメージが沸かない。
筑波山は、二つの峰を持つ双耳峰だそうだ。
 標高871メートルの男体山と877メートルの女体山の二つの頂がある。
 男体山と女体山は登山道があるが、ケーブルカーやロープウェイでも登ることが出来、頂から関東平野の景観を楽しむことが出来るそうだ。

筑波山を神体山として祀る神社が筑波神社で、社殿は男体山、女体山にそれぞれ本殿があり、山腹には拝殿があり、3つの社殿があるそうだ。

この地に慣れ親しんだ人には、筑波山は四季折々の姿を見せる。雨水に煙る筑波山は春の訪れを感じさせる光景に違いない。

今朝、名古屋も屋根は雪化粧していた。
粉雪が降り続いていたが、いつか止み、陽射しが出ると、午後には屋根の雪も見えなくなった。
 今日は寒いが、週明けには一転、暖かくなる予報で、冬と春が力比べをする様だ。
 一日の寒暖差が15度もあっては、身体がついていかない。
この時世、風邪を引くことは絶対に避けたい。

吉田の句。
雨水にはお雛様を取り出して、飾るという習慣は知らないが、確かにもう桃の節句は近い。
 お雛様を長く飾ることは色々言われるが、早く飾ることは問題ないはずだ。折角のひな祭りだから早く飾って、華やかなお雛様に照らされることは良い習慣だ。





関連記事

最終更新日 : 2021-02-18

Comment







管理者にだけ表示を許可