2021/01/23 日記  寒行 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/01/23 日記  寒行
2021-01-23 (Sat)  19:42

2021/01/23 日記  寒行

2021/01/23 ()  旧暦: 1211日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 646分  日没: 1659分  月出: 1222分  月没: 141分  月齢: 9.92  潮汐: 長潮  干支: 辛未  六曜: 仏滅  九星: 八白土星 


今日のあれこれ: 寒行

「天童妙法寺寒行」


https://youtu.be/Hr8W8B5tX80



『【寒行】(かんぎょう)
寒中に、寒苦に耐えて行う修行。寒念仏・寒参り・寒垢離(かんごり)など。《季 冬》』
(デジタル大辞泉)



寒行の俳句:


・寒行の太鼓近づく町家筋   伊庭玲子


・寒行のをうをうと声掛け合へり   小山梧雨


・寒行の辻曲りゆく鉦の音   田中臥石




今年の雪国の冬は厳しい。
ドカ雪で雪下ろしや除雪が大変だ。
その厳しさの中、天童市の妙法寺の寒行は、例年通り行われ、その様子がyoutubeに登録されていた。

コロナ対策で、様々な社会活動が制約を受ける中、寒行を実施するのは大変だと思うが、寒行を行う気迫の中ではコロナも感染力を失うのかも知れない。

街の中を、団扇太鼓を叩いて歩く伝統行事なので、その土地に生まれ育った人の心のなかには染み込んでいるものだ。
 大都市なら太鼓の音がうるさいと野暮な苦情もでるものだが、天童市はまだそうなっていない。良い土地だ。

新潟に住んでいた頃、鶴岡、山形にはよくでかけたが、天童市にはぶどう狩りに行ったことがあるだけだ。自然豊かで、恵まれた環境を感じた。芭蕉の句で有名な立石寺も近いところだ。

1
月下旬、厳冬の鶴岡周辺では、旬の寒鱈を鍋にしていただく習慣がある。
 「どんがら汁」と言う名前の鍋は、皮ごとぶつ切りにした鱈の頭、内臓、骨などすべてを味噌仕立ての鍋にする。
 厳しい冬でも、それを乗り切る知恵と工夫が雪国にはある。

『庄内観光物産館「寒鱈まつり」』

https://youtu.be/CEWRErU0eYs

今年の「寒鱈まつり」は無事開催されるのだろうか。

秋には芋煮があり、冬にはどんがら汁がある。
山形は良いところだ。




関連記事

最終更新日 : 2021-01-23

Comment







管理者にだけ表示を許可