2021/01/22 日記  山眠る - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/01/22 日記  山眠る
2021-01-22 (Fri)  19:45

2021/01/22 日記  山眠る

2021/01/22 ()  旧暦: 1210日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 647分  日没: 1658分  月出: 1151分  月没: 044分  月齢: 8.92  潮汐: 小潮  干支: 庚午  六曜: 先負  九星: 七赤金星 

今日のあれこれ: 山眠る

「【タイムラプス】雪降れど、陽はまた登る、田舎町」


https://youtu.be/xd1rxR4aGqg



『山眠る(やまねむる) 三冬

【子季語】
 眠る山

【解説】
冬山を擬人化したもの。
中国の山水画伯、郭煕の画論の次の言葉「冬山惨淡として眠るがごとく」が、この季語の原点。
 春は「山笑ふ」夏「山滴る」秋「山粧ふ」、季節に応じて使い分けのできる重宝な季語。』
(季語と歳時記)



山眠るの俳句:


・眠る山眠らぬ山も信濃晴   矢崎すみ子


・麓まで真赤な夕日山眠る   片山茂子


・木も草もいつか従ひ山眠る  桂信子


・露天湯を懐にして山眠る   鈴木照子


・杣人の火にあたたまり山眠る   高嶋文清




日本海側は雪、太平洋側は晴れの冬型天気が崩れた。
豪雪だった地域も気温が上がり雨になったところが多かった。
名古屋は曇りときどき雨。
これから、2,3日は同じ様な天気が続く予報だ。

北国では雪に覆われた山々は深い眠りに入っている。
明日も高地では雨ではなく雪が降るのだろう。

山の眠る姿も詩情がある。
来る春までの眠り。
目覚めの時までの眠り。
春が来れば山は笑う。

草も木も露天の湯も杣人も、眠った山の懐で一時の眠りに入って居る。


東京も大阪も福岡も、日本の都会は眠ること無く起きている。
この様な時なのだから、静かに眠って、新しい春を待てば良いのに...





関連記事

最終更新日 : 2021-01-22

Comment







管理者にだけ表示を許可