2021/01/12 日記  千両 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2021/01/12 日記  千両
2021-01-12 (Tue)  19:51

2021/01/12 日記  千両

2021/01/12 ()  旧暦: 1129日  祝日・節気・雑節・朔望:   日出: 650分  日没: 1648分  月出: 553分  月没: 1537分  月齢: 28.45  潮汐: 中潮  干支: 庚申  六曜: 先負  九星: 四緑木星  


今日のあれこれ: 千両

「万両 千両 十両の見分け方 赤い実がなる縁起の良い植物 どこが違う?」


https://youtu.be/qRIkqbY_VRE



『千両: 千蓼、草珊瑚/実千両

  三冬

センリョウ科の常緑低木。六~七月ごろ黄緑色の花を咲かす。葉の傍に五ミリほどの球形の実をつけ、冬に赤く熟す。
江戸時代初期より栽培されている。』
(季語と歳時記)



千両の俳句:


・千両や陶の有田の門構へ  今井千鶴子


・千両や日陰をつねの遊女塚  中村翠湖


・活け終えし松の根締は実千両  山崎道子




冬に赤い実をつける木は目立ちやすいので目につく。
千両や万両はよく見かける。名前も似ているし、赤い実も同じようだし、どちらかわからない。
 しかし、特徴を確認すれば、簡単に判るそうだ。

家の庭には、千両が自生する。
植えてはいないから、鳥が赤い実を食べて撒き散らすのだろう。
 人家にもやってくるヒヨドリの仕業に違いないが、目撃しても千両を撒いているかどうか判らないので、現行犯逮捕は出来ないし、そもそも咎める必要もない。

千両は縁起の良いものとされ、正月の生花にもよく使用されるのだから、幸をもたらすヒヨドリと褒めてやっても良い。

赤い実をつけるものに南天もある。
いずれの木の赤い実も鳥に食べられ無くなってしまう。
赤い実を付けるのは、目立って、鳥が気付いて食べるようにしているのだから、無くなれば木は目的を達し、してやったりの筈だ。

今度、千両の赤い実を見つけたら、声を掛けてやろう。
“まだ食べてもらえないのか
早く食べて貰うと、イイね”
と。





関連記事

最終更新日 : 2021-01-12

Comment







管理者にだけ表示を許可