2020/10/19  日記  秋時雨 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/10/19  日記  秋時雨
2020-10-19 (Mon)  20:13

2020/10/19  日記  秋時雨

2020/10/19 () 旧暦:  93日 祝日・節気・雑節・朔望:  日出:  550分 日没:  1700分 月出:  823分 月没:  1853分 月齢:  2.31 潮汐:  大潮 干支:  乙未 六曜: 大安


今日のあれこれ: 秋時雨

「秋雨 あきさめ autumn rain Ichinomiya, Japan


https://youtu.be/7i-GahNppis



『秋時雨

  晩秋

秋も終わりの頃に、降ってはすぐにやむ雨のことで、どこか侘しい感じを残す。『古今集』以来用いられている。時雨は冬。』
(季語と歳時記)



秋時雨の俳句:


・秋しぐれ出羽三山を隠しける   坂根宏子


・隠岐を去る秋の時雨に海泡立つ   松崎鉄之介


・秋しぐれ叡山淡くなりにけり   西村雪園


・鯖街道山を沈めし秋時雨   清水量子


・秋しぐれ遠き過去置く京町屋   田代貞枝




今日は肌寒いというより寒い日になった。
午前中はそれ程感じなかったが、降ったり止んだりの秋時雨。 午後になると次第に寒さが身体に忍び込む感じになった。
 東京、大阪より名古屋が14度と低かった。11月の気温だそうだ。

外は寒い、こんな日は家の中に居て温かいお茶を飲むような時間が欲しい。


晩秋の秋時雨は、本来の時雨に近いのが実感だ。

秋時雨の句を読んでいて、この季語は日本の海、山、街道、街などどこの景でもその情景を描いてくれる力を持っていると思った。
 隠岐の島は行ったことがないが、出羽三山、比叡山、鯖街道、京の街、それぞれの情景を心に浮かべることが出来る。
 探したら国上山の句もあるかもしれない。



関連記事

最終更新日 : 2020-10-19

Comment







管理者にだけ表示を許可