2020/10/14  日記  秋晴 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/10/14  日記  秋晴
2020-10-14 (Wed)  19:55

2020/10/14  日記  秋晴

2020/10/14 () 旧暦:  828日 祝日・節気・雑節・朔望:  鉄道の日 日出:  546分 日没:  1706分 月出:  216分 月没:  1550分 月齢:  26.67 潮汐:  中潮 干支:  庚寅 六曜: 大安

今日のあれこれ: 秋晴

「天高く子犬走る秋」


https://youtu.be/0_2FXD41zPQ



『秋晴(あきばれ) 三秋

子季語: 秋の晴、秋晴る
関連季語: 秋日和
解説: 晴れわたる秋の天気のこと。秋日和と同じことであるが、秋晴は秋日和より言葉の響きがやや強い。
来歴:  
文学での言及     
実証的見解: 秋は、大陸からの移動性高気圧と低気圧が交互に日本に訪れる。そのため、三日ほどの周期で天気が変わる。低気圧がもたらす雨は、大気中の塵を洗い流すように落すので、入れ替わりにやって来る高気圧のもとでは、澄み渡った爽やかな天気となる。』
(季語と歳時記)



秋晴の俳句:


・あめつちの秋晴余すところなし  粟津松彩子


・山暮し大秋晴に薪を割る  今井千鶴子


・秋晴の野へ放つ犬走る走る   細川コマヱ


・秋晴や犬と一緒にカフェテラス   森山のりこ


・秋晴や犬信号を凛と待つ   伊藤月江




今日も良いお天気になった。
秋の美しい日を表す言葉に「秋晴」がある。
「秋晴」と言う言葉、季語でもあるが、言葉自体も美しい。

季語の「秋晴」は三秋だから、その様子も一様ではない。
今日の秋晴は、まだ夏の名残がある感じで、空の青さは少し薄く深みがない明るい水色だ、気温も25度を超え少し暑い。
夏に近い秋晴だろう。

仕事のある人は兎も角として、自由な人は秋晴の美しい日の過ごし方を色々試みることができる。
 冬に備えて薪を割るのも良いし、草刈りや、お花の手入れも良い。

猫と違って、ご主人さまと一緒に散歩に出るのが大好きな犬と一緒に野原や公園に行くのは秋晴の佳い過ごし方だ。
 俳句の世界でも、秋晴を愛犬と一緒に楽しむ人達は多い。

動画の子犬たちが牧草地の中を思う存分走る姿には喜びが満ちている。見ている我々もつられて嬉しくなる。


動画を掲載した「ドッグレスキューしおんの会」は動物の愛護団体だそうだ。

動画及び公式サイトの説明では、
この子犬たちは、「919日、町外の酪農家さん敷地内に野良犬2匹が生んだ子犬14匹のうちの2匹、シェーンとマル」で、団体で保護され、飼い主を探しているところだったそうだ。

ドッグレスキューしおんの会
http://dogrescuezion.ninja-web.net/

『 2020年10月1日更新
 
【飼い主さん募集】
 
子犬マルとシェーンの飼い主さんを募集しています!

2020年10月7日更新
 
【飼い主さん募集】
 
子犬マルとシェーンの飼い主さんが決まりました!
 
情報拡散等、ご協力いただきました皆様、ありがとうございました!
 


10/7
には新しい飼い主さんが決まったようです。
野良犬として牧草地を走り回るより、新しい飼い主さんと秋晴の美しい日に牧場で遊ぶほうが子犬も好きに決まっている。

子犬たちに幸せな日々が続きますように。





関連記事

最終更新日 : 2020-10-14

Comment







管理者にだけ表示を許可