2020/10/09  日記  秋の雨 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/10/09  日記  秋の雨
2020-10-09 (Fri)  20:40

2020/10/09  日記  秋の雨

2020/10/09 () 旧暦:  823日 祝日・節気・雑節・朔望:  日出:  542分 日没:  1713分 月出:  2200分 月没:  1208分 月齢:  21.67 潮汐:  小潮 干支:  乙酉 六曜: 赤口


今日のあれこれ: 秋の雨

「秋の十和田湖 雨の日の散歩 SONY FDR-AX700 4K30P HLG3


https://youtu.be/6RFWWh9Hloo



『秋の雨(あきのあめ) 三秋
2011/02/21

【子季語】
 秋雨、秋黴雨、秋霖、後の村雨、秋の村雨

【解説】
 秋に降る雨のこと。初秋に降る暑さを和らげる雨、台風がもたらす強く激しい雨、晩秋の冷たい雨といろいろあるが、秋雨前線による秋の長雨が印象深い。春の雨にくらべて寂しい風情がある。』
(季語と歳時記)



秋の雨の俳句:

 
・木曽谷や二百地蔵に秋の雨   田中藤穂


・白鳳の石仏白し秋の雨   笠井清佑


・磨崖仏裳裾ぬらせり秋の雨   岡田房子


・羅漢泣く口あけて泣く秋の雨   土橋柚花


・秋の雨五百羅漢はただしづか   阿部ひろし




台風14号は、日本を目指して北上し四国沖まで近づいたが、東に向きを変え、日本列島に沿って動く様子になった。
 大陸の高気圧が強いのと偏西風の流れによって方向を変えられたのだろう。
 東海及び関東地方は直撃を免れそうなので一安心だが、雨の心配は残る。

秋雨前線と台風の連携で雨雲は日本列島まで流れ、覆っている。

季語「秋の雨」は三秋で、今の雨は解説に書かれている「台風がもたらす強く激しい雨」だ。
 秋の雨というイメージは、落ち着いた静かな雨だが、今の雨は少し情趣が違う。

例句を読んでいて、秋の雨の中の仏様を詠んだ句に心を止められた。

豪雨であれ暴風雨であれ、仏様は野の石仏、地蔵様、羅漢も含めて雨の中、衆生を導いておられる。
 ある俳人は羅漢が口を開け泣いていると見、ある俳人は羅漢は只管沈思されていると見る。

いずれにしても、仏様の導きは止まることは無い。



関連記事

最終更新日 : 2020-10-09

Comment







管理者にだけ表示を許可