2020/09/05  日記  芋嵐 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/09/05  日記  芋嵐
2020-09-05 (Sat)  18:42

2020/09/05  日記  芋嵐

2020/09/05 () 旧暦:  718日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  515分 日没:  1802分 月出:  1951分 月没:  739分 月齢:  17.01 潮汐:  大潮 干支:  辛亥 六曜: 赤口


今日のあれこれ: 芋嵐

「風になびく里芋」


https://youtu.be/3U0WY_U2Ql8



『 【芋嵐】
芋の葉をひるがえす強い秋風。

(『三省堂 大辞林 第三版』)



芋嵐の俳句:


・芋嵐わが家ふきぬけひびくなり  村山故郷


・合羽固めで急ぐは男芋嵐  伊
丹三樹彦



・さもあるべえうんだうんだと芋嵐  檜 紀代




スーパー台風10号が日本の南を通過しようとしている。
風速80mとか時間100mmの大雨とか経験したこともない風雨を持って進んでいる。
 明日、明後日が山で月曜日にはどうなったのかが判明する。

秋には強い風が吹く。
台風の風もあればそうでない風もあるが、大きな里芋の葉を弄ぶような強い風が吹く。
 そうした風を芋嵐と呼ぶらしい。

芋嵐は自分のために吹いてくれる風ではない。
むしろ為にならない風だ。

台風や大雨の場合、海や川や畑に近づかないようにと警報が出る。
 しかし、海の様子、川の様子、畑の様子を見に行って行方不明になったと言うニュースがよく出る。

亀のように首をすくめてやり過ごすのが普通の態度なのだが、それでは済まされない人もいる。
 男たるもの風であろうが雨であろうが合羽に身を固めて出陣するのだ。

檜は「うんだうんだ」と賛成している。





関連記事

最終更新日 : 2020-09-05

Comment







管理者にだけ表示を許可