2020/08/31  日記  二百十日 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/08/31  日記  二百十日
2020-08-31 (Mon)  19:55

2020/08/31  日記  二百十日

2020/08/31 () 旧暦:  713日 祝日・節気・雑節・朔望:  二百十日 日出:  512分 日没:  1809分 月出:  1723分 月没:  247分 月齢:  12.01 潮汐:  中潮 干支:  丙午 六曜: 先勝


今日のあれこれ: 二百十日

「台風9号 風速70メートルも...沖縄に最接近へ 今夜から明日」


https://youtu.be/BRnJXiMgaEc



『二百十日(にひゃくとおか、にひやくとをか) 仲秋

子季語: 厄日、二百二十日
解説: 立春から数えて二百十日目をいう。新暦九月一日ころにあたる。台風シーズンの到来が、稲の開花時に当るため特に警戒したものである。二百二十日とともに稲作農家にとっては厄日とする。
来歴: 『俳諧通俗誌』(享保2年、1716年)に所出。
実証的見解: 二百十日は、なぜ二十四節気の一つ「立春」から数えるのか。二十四節気は太陽暦に基づいて一年を二十四に分けたもので、旧暦と違って季節のずれがなく、農作業の目安となる。
新暦の二月四日ころにあたる立春は、ちょうど旧暦の正月のころと重なる。正月も年のはじめなら、「立春」もまた年のはじめ。立春を年のはじめと定めることで、「八十八夜」「二百十日」というような季節点をおき、農事の目安や自然災害に対する備えとしたのである。』
(季語と歳時記)



二百十日の俳句:


・二百十日太陽くわつと照りつけぬ   八百山和子


・藍甕に蓋して二百十日過ぐ  岩淵喜代子


・夕焼の長しや二百十日暮れ  白石天留翁




今日は831日。
長梅雨が明けて暑い暑いと言っている内に1月過ぎてしまった。

8
月だが、今年は今日が二百十日。
折しも、暦通り沖縄本島に台風9号が直撃する予報が出ている。
 まだ速度がゆっくりしているので、通過が遅くなると、風速70mが予報通り吹けば、台風には強い沖縄でも被害は出るかもしれない。

明日から9月、9月はじめの沖縄のイベントに参加する予定だったが、コロナ自粛で中止になった。
 もし中止でなければ、飛行機で台風の中を飛行していたかもしれない。
  中止でがっかりしたが、今になって台風の状況を考えると、中止になってよかったとも言える。

未来は、全てが許されている。
何事が起きるかわからない。






関連記事

最終更新日 : 2020-08-31

Comment







管理者にだけ表示を許可