2020/08/30  日記  蜩 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/08/30  日記  蜩
2020-08-30 (Sun)  20:59

2020/08/30  日記  蜩

2020/08/30 () 旧暦:  712日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  511分 日没:  1811分 月出:  1642分 月没:  146分 月齢:  11.01 潮汐:  中潮 干支:  乙巳 六曜: 赤口


今日のあれこれ: 蜩

「ヒグラシ鳴く 4K60P


https://youtu.be/l-dVsR0BcWA



『蜩(ひぐらし) 初秋 
2011/03/11

【子季語】
 日暮、茅蜩、かなかな

【解説】
明け方や日暮に澄んだ鈴を振るような声でカナカナと鳴くのでかなかなともいう。未明や薄暮の微妙な光に反応し鳴き始める。鳴き声には哀れさがあり人の心に染みるようである。』
(季語と歳時記)



蜩の俳句:


・いつの間に蜩に鳴きかはりしや   稲畑汀子


・暁の夢のきれぎれ蜩も  林火


・雲切れて蜩の声つのりたる   住田千代子


・山雨過ぎ蜩のこゑ溢れけり   山本みゆき


・休み休み鳴くが優しき蜩は   ことり




油蝉は騒がしい。
蝉が鳴くのは、短い地上生活の間に命をつなぐための活動だから、黙って静かにしては居られないからだ。
それは解るが、それにしても騒がしく、うるさい。

人間の場合も、騒がしい人は多い。
沈黙に耐えられないのか、自己顕示欲なのか、人に喋らせず、時間をすべて自分の喋りに費やす人がいる。
 諺に「傍らに人無きが如し」もある。

それに比べ、蜩の鳴き方は穏やかだ。
鳴き声に哀れさがあると言うのは言いすぎだと思うが、奥ゆかしい情緒はある。
 そこが愛されるところだ。

休み休み鳴く蜩の声を俳人たちは耳傾けてよく聴いている。





関連記事

最終更新日 : 2020-08-30

Comment







管理者にだけ表示を許可