2020/08/28  日記  鬼灯 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/08/28  日記  鬼灯
2020-08-28 (Fri)  19:52

2020/08/28  日記  鬼灯

2020/08/28 () 旧暦:  710日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  509分 日没:  1813分 月出:  1500分 月没:  ---- 月齢:  9.01 潮汐:  長潮 干支:  癸卯 六曜: 仏滅


今日のあれこれ: 鬼灯

「お盆、ともす 「ホオズキタワー」出荷が最盛期」


https://youtu.be/K3QZ6A_LWjI



『鬼灯: 酸漿、虫鬼燈

初秋

ナス科の多年草。黄白色の花が咲いた後、袋状の萼に包まれた球状の実が赤く色づく。種子を抜き取って風船のようにした実を口に含んで鳴らして遊ぶ。』
(季語と歳時記)



鬼灯の俳句:


・鬼灯の一心の朱に立ち止まる  北原志満子



鬼灯の朱が人の眼を惹き付ける。
北原の句を読んで、赤心を想った

赤心は、嘘偽りのない気持ち、本心を背景とした「真心」や「誠意」を意味する。
 その人の人格から滲み出る、ありのままの正直な気持ちと言うことができる。

言うこととやることが一致しないような人に、赤心は有ろうはずもない。

また、ありの儘と言っても赤心は赤ちゃんや幼稚園児にあるものでもない。
 生まれ育った経歴の中で自覚的に形成された心とか気持ちとか人格とかに関連して出来上がるものだと思う。


鬼灯も最初から赤ではない
緑から次第に色を変えて朱になる。
赤は成熟を示している色と見られる。

鬼灯(ホオズキ)の成長

https://youtu.be/71zqWaT5H9s


赤子の心も最初は緑から始まり、良く成熟すると赤心になるのだろう。





関連記事

最終更新日 : 2020-08-28

Comment







管理者にだけ表示を許可