2020/08/06  日記  雷 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/08/06  日記  雷
2020-08-06 (Thu)  19:32

2020/08/06  日記  雷

2020/08/06 () 旧暦:  617日 祝日・節気・雑節・朔望:  広島原爆忌 日出:  452分 日没:  1840分 月出:  2029分 月没:  657分 月齢:  16.39 潮汐:  大潮 干支:  辛巳 六曜: 仏滅


今日のあれこれ: 雷

「雷 2020726日 千葉県北西部!」


https://youtu.be/5uvQ4h59C3o



『雷(かみなり) 三夏
2011/02/05

【子季語】
 神鳴、いかづち、はたた神、鳴神、遠雷、落雷、来火、雷鳴、雷声、日雷、雷雨、雷響

【解説】
 積乱雲の中などで雲と雲、雲と地上の間で放電現象が起きたもの。電光が走った後に雷鳴がとどろく。光と音の時間差でその遠近を測る。』
(季語と歳時記)



雷の俳句:


・雷鳴の縦横無尽大八洲   吉田葎


・六甲山丸ごと呑みし雷雨かな   稲畑汀子


・落雷のひかりを浴びる雨宿り   丑久保勲


・落雷を近くに犬の落ちつかず   岡佳代子


・落ち込みし我に一喝夏の雷   塩千恵子


・落雷に天地さくれつ音ひかる   渡辺安酔




梅雨が明け、夏になったが暑いだけで、スッキリとした青い空にならない。
 曇った空が続いている。

原因はわからないが、梅雨明けとともに発生した台風だろう。南西諸島を通過し朝鮮半島へ向かい、日本海に出ようとしている。そこへ、太平洋からの湿った風が吹き込むので、雲が発生しやすくなる。

雲と熱とがあれば、雷の発生する仕組みもあるのだろう。
自然現象だからどうすることも出来ないが、雷はいただけない。

雷が近づけば、避難するより方法はない。
個人的には雷は嫌いではないが、人によっては、頭を抱えることになる。

この台風の後はどうなるか?
いつぞやみたいに、次から次へと台風がやってくるような事にならなければ良いのだが。





関連記事

最終更新日 : 2020-08-06

Comment







管理者にだけ表示を許可