2020/08/01  日記  梅雨明け - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/08/01  日記  梅雨明け
2020-08-01 (Sat)  20:06

2020/08/01  日記  梅雨明け

2020/08/01 () 旧暦:  612日 祝日・節気・雑節・朔望:  水の日 日出:  448分 日没:  1845分 月出:  1705分 月没:  158分 月齢:  11.39 潮汐:  中潮 干支:  丙子 六曜: 大安


今日のあれこれ: 

「関東甲信と東海が梅雨明け 8月発表は約10年ぶり(20/08/01)


https://youtu.be/oibtPR4TFxg



『東海と関東甲信 梅雨明け

きょう(81)、気象庁は「東海地方と関東甲信地方が梅雨明けしたとみられる」と発表しました。

東海地方、関東甲信地方ともに平年(721日ごろ)より11日遅く、 昨年(724日ごろ)より8日遅い梅雨明けです。なお、梅雨明けの時期が特定しなかった年を除いて、統計開始以来、東海地方は3番目に遅く、関東甲信地方は2007年と同じ3番目に遅い日付でした。

東海地方で梅雨入りが発表された610日からきのう731日までの降水量は、名古屋市で635.0ミリ(この期間の平年の降水量は366.3ミリ)でした。

関東甲信地方で梅雨入りが発表された611日からきのう731日までの降水量は、東京都心で472.0ミリ(この期間の平年の降水量は289.3ミリ)でした。

東海地方や関東甲信地方は、向こう一週間は、晴れる日が多い見込みです。

※梅雨は季節現象であり、梅雨の入り明けには、平均的に5日間程度の「移り変わり」の期間があります。なお、梅雨入りの発表は速報値で、春から夏にかけての天候経過を考慮して再検討され、見直されることがあります。』
tenki.jp



梅雨明けの俳句:


・飛行機雲一筆走り梅雨明くる   森村江風


・北上川大濁りして梅雨明けぬ  山田みづえ


・予報士の声晴れやかに梅雨明くる   西本輝子


・恋に紆余風に量感梅雨あがる   中野さき江


・鬱ぎ虫しけ虫も去れ梅雨明くよ   杉山瑞恵




待ちに待った梅雨明けの日がやってきた。
7
月末、今日も曇り、今日も雨、今日は雷と毎日引き延ばされて来た。
 今日漸く梅雨明けの宣言が出た。単なる言葉だが、嬉しい。  
梅雨も年年によって性格が違い、それなりの名前がつけられているが、今年の梅雨は荒梅雨と言ってよいだろう。
 線状降水帯が居座り、九州中心に大きな被害を出した。

復旧のためには、一時晴れて泥の掻き出しや被災道具の運び出しができるものだが、今年は意地悪く、太陽は出ず、執拗く降っては止み、止んでは降った。
 異常な長雨と日照不足は農産物の生産も阻害し、日常野菜の価格を高騰させた。

社会的にはコロナ禍があり、その上での荒梅雨だから、物にはカビが生え、心には鬱ぎ虫も湧いた。

今日は、晴れて、夏の太陽が照りつけ、多治見では35度を超えた。
 今日は週末の土曜日、土曜日が晴れたのはいつ以来だろう?

人々は、今日は街中に出て遊ぶより、家で健康的な事をするほうを選び、布団干し、洗濯、日干し消毒など久し振りの太陽を大いに利用したことだろう。

明日の日曜日も晴れ、真夏の太陽が出るはずだ。
熱中症には注意が必要だが、身体とこころの日干しも必要だ。
 早朝でも良い、陽射しの下を散歩しよう。直射日光が熱くなったら、木陰に入れば良い。

梅雨明けだ!!





関連記事

最終更新日 : 2020-08-01

Comment







管理者にだけ表示を許可