2020/07/25 愛知県 コロナ感染爆発 注視ではなく行動すべき - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (16)時事・世相 › 2020/07/25 愛知県 コロナ感染爆発 注視ではなく行動すべき
2020-07-25 (Sat)  22:25

2020/07/25 愛知県 コロナ感染爆発 注視ではなく行動すべき


愛知県のコロナの感染増加の形が悪い。
絶対数の多い東京都、大阪府に比較してまだまだと思いがちだが、それは油断だ。

イタリアやニューヨークの感染は、爆発的で悲惨な地獄絵図を現出した。
 原因は、一挙に爆発的に増える感染者数に医療崩壊が起きた為だ。これは記憶に新しい。

愛知県・名古屋の此処1週間の感染者数は、爆発的と言える。
そして、情報が不十分なのではっきりと断言はできないが、医療体制も感染抑え込みの施策も不十分と思われる。
この2つを前提にすると、愛知県が全国一悲惨な状況を迎える危惧を覚える。


愛知県の感染の形が悪いのは、東京都 大阪府 愛知県の日別感染者数の推移のグラフを比較するとよく解る。
(グラフは、NHKの特設サイト 新型コロナウイルスより転載させていただいた。
https://www3.nhk.or.jp/news/special/coronavirus/data/



<東京都>

clip_image002

<大阪府>

clip_image004


<愛知県>

clip_image006

7
月に入ってからの、増加率を見ると

     7/1    7/24       倍数
東京   67人   260人       4
大阪   10    149        15
愛知     1     78         78倍
 (7/1感染者0なので6/30を採用)

4
連休の2週間後の感染者数は爆発を抑えなければ、200500人、その儘座視すれば、8月末には1000人を超えるのではないか?

一方、愛知県は、第2波と言いながらも、3指標は無視し、独自の対策は行わず、注視すると言い、県民に自粛を求めるのみだ。


『愛知の感染者が1千人超え 知事、独自宣言に慎重な考え
7/25(
) 19:21配信

clip_image008
記者会見に臨む愛知県の大村秀章知事=2020725日午後45分、愛知県庁、堀川勝元撮影

 愛知県では25日、78人が新型コロナウイルスに感染したと発表があり、これまでの感染者数は1千人を突破し1019人となった。7月半ばから感染者が急増。独自の緊急事態宣言を再び出す場合を想定した3指標に該当する勢いだが、大村秀章知事はこの日の臨時記者会見で、以前とは感染状況が違うとして再宣言に慎重な考えを示した。

 愛知県内の感染者は1月下旬~6月の約5カ月で延べ528人で、7月の1カ月足らずでこれに匹敵する感染者が確認された。

 大村氏は「大変厳しい状況だ。第2波の大きな山がやってきたと受け止めざるを得ない」と述べた。

 県によると、7月の感染者のうち6割は名古屋市。感染経路不明は県全体で5割を超えるという。大村氏は「名古屋市内だけでなく、県内全域で名古屋の繁華街で感染していると思われる方が非常に多い」と強調。特に感染者の7割を占める2030代の若者に、感染リスクが高い場所の利用自粛などを求めた。

 県は5月、社会経済活動を制限するか判断するための3指標(新規感染者数、陽性率、入院患者数)を設定。「注意領域」と「危険領域」の2段階で数値を設定し、3指標とも危険領域を超えたら再び独自宣言を出すとしていた。

 24日までで新規感染者数が危険領域を超え、陽性率と入院患者数も迫る勢いだが、大村氏は軽症・無症状の若い世代がほとんどで、中等症以上の患者が39%にとどまっていると指摘。中等症以上が3割にのぼった24月の感染状況とは明らかに様相が異なると強調し、3指標ともに危険領域を超えた場合でも「状況を注視したい。正確に見て対応しないと間違う」と述べ、再宣言には慎重な姿勢を示した。

 岐阜県では、岐阜市と関市のいずれも20代の男性4人の感染を確認。うち3人は大学生で、24日に感染が確認された男子大学生と同じ部活動に所属していた。三重県では、紀北町の20代男性、桑名市の10代男性の感染を確認。10代男性は、すでに感染が確認された四日市市の家族の濃厚接触者として検査を受けていた。
』(朝日新聞社)

政府のリーダーが言っていることと同じ表現・内容で、東京や大阪のようにコロナと戦う意志が感じられない。


数少ない東海地方の報道でも、流石に現状についての不安を報道している。


PCR検査限界」「軽症者受け入れ施設なし」…23日の感染判明62人の約8割が経路不明不安の名古屋
7/24() 18:11配信
clip_image010
感染拡大が続く名古屋 警戒を呼びかけるライトアップも不気味に見える
 名古屋市では23日に新型コロナウイルスの感染が判明した62人のうち、8割の感染経路が不明です。そしてPCR検査の態勢も限界に達しています。 際立つ“若者への感染”と“経路不明者”の増加 新規感染者の拡大続く…遂に到来の新型コロナ“第2波” (リポート)「今、栄のテレビ塔とオアシス21が、コロナ警戒領域を表す黄色にライトアップされました」  感染拡大への警戒を呼びかけるため、黄色に染まった名古屋テレビ塔とオアシス21。愛知県では感染拡大に歯止めが利かない状況になってきました。

clip_image012
大村愛知県知事: 「本日も大変残念ながら74人ということで、過去最多となっております」

clip_image014
 23日の臨時記者会見でこう発表した大村知事。しかし、その10分後…。

clip_image016
大村愛知県知事: 「今、17時に報告がありまして、名古屋市の速報値が40から62と報告がありました。したがいまして県全体では96人になりました。愛知県の状況は警戒領域だと。そして第2波の大きな山が来ているというご認識をいただきたい」

e
clip_image018
 その後、さらに1人増え、愛知県の23日の感染者は97人。中でも深刻なのが名古屋市です。 名古屋市の担当者: 「かなり爆発的に、今名古屋市内で感染が広がってしまっている」

clip_image020
 23日に公表された新規感染者は62人。そして、感染経路が不明な人が全体の8割、50人にも上りました。

clip_image022
名古屋市の担当者: 「(感染経路を)追っていますけど、本当に追いつかなくなりつつある。感染を抑えられるかどうか、厳しいことを言うと瀬戸際に近い」名古屋市の担当者が厳しい表情で話すのには、「PCR検査が限界」を迎えているという背景があります。 名古屋市では衛生研究所を中心に23日、130件ほどのPCR検査を実施。しかし実はこの検査数が、今の名古屋市の限界です。医療機関にも依頼し検査を進めていますが、感染拡大に伴い十分に対応できていないといいます。


clip_image024
名古屋市感染症対策室の中村室長: 「検査体制についても、かなり厳しい状況になってきております。場合によっては、検査をするのにお待ちいただいたりというケースも出てきているというのは聞き及んでおります」 また現在、軽症者らを受け入れる施設がないため、22日の時点で50人が入院できず、自宅待機の状態になっています。

clip_image010[1]

clip_image026
PCR
検査の限界、そして自宅待機となっている多数の感染者。感染拡大で名古屋市の態勢が限界に達しつつある状況に市民は…。名古屋市民: 「どうなるのか先行きが不安。(コロナに)なったときにどうなるのか、全然想像つかないところが怖いですね」 別の名古屋市民: 「大変だなと思います。なのでこの4日間のお休みは、外出の制限をしたほうがいいかなと思います」 感染が拡大する中、4連休は2日目。港区の名古屋港水族館では、午前9時半のオープン前から行列ができていました。

clip_image028
感染対策で713日から入館は予約制となり、1時間ごとに入場制限を設けていますが、24日の予約数は制限いっぱいに近いおよそ1万人。

clip_image030
名古屋港水族館の担当者: 7月に入って、だいたい6割くらいのお客さんが入られたんですけど、昨日は連休初日ということで人数の方は多かったかなと。今日も例年並みぐらいに入ってくるのかなとは思います」

clip_image032
イルカショーはソーシャルディスタンスをとったうえで通常20分のショーが10分に短縮されていました。

clip_image034
イルカショーを見た子供: 「おもしろかった」名古屋市からの父親: 「来るか直前まで悩んだんですけど、ちょっとならいいかなと、名古屋だしというので来ました」四日市市からの女性 「久しぶりのお出かけですね。思ったより人が多くて、見るだけ見てすぐ帰ろうかなという感じですね」  感染拡大が止まらないまま、連休は続きます。
(東海テレビ放送)


2波のウイルスの感染力は、全国で急速にクラスターが発生している事を考えると強いと思われる。

特に注意しなければいけないことは、若い人には感染しているが、発熱も症状もない人が存在することだ。
 こうした人が、一人でもいれば、広小路でも名駅でも地下鉄でもバスでも居酒屋でも映画館でも感染者を生み出す。
 いわば忍者感染者、Silent Spreaderと呼ぶべき人を隔離しなくてはコロナとの戦いは勝てない。

あれ程悲惨だったニューヨーク市は感染者が0になった日が来たそうだ。
その戦い方は、街中至るところにPCR検査場を設置し、無料で、その場で検査できるようにしたことだ。
 症状の有無は関係ない、すべての希望者に検査を無料で提供する。
 そして陽性者は隔離し、接触者を探し出し、検査と隔離を繰り返すことだ。

コロナとの戦争の成功事例は世界に存在する。
中国のような全体主義国家の強権的な方法は採用できないが、アメリカの方法なら真似はできる。

愛知県のPCR検査は、今でも130件が限度だという。
こんな事が許されて良いはずはない。
愛知県の組織、名古屋市の組織だけでコロナとの戦いは勝てない。
 県内の各自治体、医師会、病院、大学、研究所などを結集しコロナ撲滅専門の組織を立ち上げ、権限と予算を与えるべきだと思う。

責任ある立場の人は、今行動しなくて、いつ行動するのだろうか?



関連記事

最終更新日 : 2020-07-30

Comment







管理者にだけ表示を許可