2020/06/26  日記 李 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/06/26  日記 李
2020-06-26 (Fri)  19:55

2020/06/26  日記 李

2020/06/26 () 旧暦:  56日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  426分 日没:  1900分 月出:  913分 月没:  2254分 月齢:  4.85 潮汐:  中潮 干支:  庚子 六曜: 仏滅


今日のあれこれ: 李

「小さな庭で実ったプラムの収穫」


https://youtu.be/eyI3UZQXfoo



『スモモ(李、酢桃、学名:Prunus salicina)はバラ科サクラ属の落葉小高木。また、その果実のこと。

概要
スモモの果実はモモに比べて酸味が強いことが、和名の由来となっている。漢字では「李」とも書かれる。英語では「Asian plum」「Japanese plum」などと呼ばれる[1](ただしウメも「プラム」と呼ばれることがある)。地域によっては、ハダンキョウあるいはハタンキョウ(巴旦杏)とも呼ばれるが、同じく巴旦杏と呼ばれるアーモンドとは別種である。古くから日本に伝わっており、和歌などにも詠まれる。農園で栽培される他、自生しているものもある。

19
世紀にアメリカに渡ったスモモは育種家のルーサー・バーバンクの手により「ソルダム」、「サンタローザ」、「ビューティー」などの品種として改良され、再び日本に「プラム」として輸入された。それらを元に日本では「大石早生」、「月光」などに発展させていった[2]

特徴
花期は初春で白い花が咲く。花芽分化は7 - 8月頃。果実はスモモ系は6月下旬から8月中旬、プルーンの系統は9月頃収穫できる。果実は紅や黄色、果肉は淡黄色や紅色など品種によって異なる。代表的な品種としては「大石早生」、「ソルダム」、「サンタローザ」、「メスレー」、「太陽」、「ケルシー」など。比較的新しい品種では「紫峰」、「月光」、「貴陽」、「秋姫」、「いくみ」などがあり、これらの品種は従来種より糖度が高く、生食用に品種改良されている。葉が紅色のハリウッドは受粉樹に向く。スモモは自分の花粉では結実しにくい自家不和合性なのでほとんどの品種で受粉樹が必要である。日本での主産地は山梨県など。

桃とは異なる種で、同じバラ科サクラ属の梅、杏、桃の花粉を利用して人工授粉させることができる。長果枝は開花しても結実しにくいので、中短果枝および花束状短果枝を出させる剪定を冬季に行う。開花期に霜に当たると、不完全花となり結実しないため、開花時期に晩霜に遭わない地域が適する。成木なのに収量が少ないのは受粉樹が近くにない・受粉樹との相性が悪い・低温晩霜に当たったのが原因と考えられる。発芽する前に石灰硫黄合剤を散布して葉や果実が膨れ上がるふくろみ病を防ぐ。シンクイムシ・アブラムシ・カイガラムシ・イラガ等がつく。

2014
年(平成22年)より、ウメ輪紋ウイルス(プラムポックスウイルス)の緊急防除の規制対象植物に指定され、指定地域からの種子、果実以外の持ち出しが禁止されている[3]
』(Wikipedia



李の俳句:


・棚かげをよろこび合ふて李採る  射場清子


・少年に李の溝のまぶしさよ  松浦敬親


・丘の上に李あり愛の日の君も  金子兜太




李の果物としての人気は高いのだろうか。
個人的にはよく判らないが、店頭で買って食べる果物としては、小さ目で種があり、味も酸味が強い。

見て楽しむには、形も色も良い。
未熟の青さも熟していく色合いも変化があって楽しめる。
動画では酸味を利用して、プラム酒を作るそうだが、酸っぱさを活かすにはそのほうが良い。

李は完熟のものを店頭で買うのは本来ではないかもしれない。
 樹に生ったものを、一人ではなく、二人で手にとって、その酸っぱさに身を震わせながら楽しむものかもしれない。

滴るほど完全な桃は、老人でも食べられるが、李を楽しむためには若さが必要なのだろう。





関連記事

最終更新日 : 2020-06-26

Comment







管理者にだけ表示を許可