2020/06/18  日記 水芭蕉 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/06/18  日記 水芭蕉
2020-06-18 (Thu)  19:48

2020/06/18  日記 水芭蕉

2020/06/18 () 旧暦:  閏427日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  424分 日没:  1859分 月出:  216分 月没:  1602分 月齢:  26.39 潮汐:  中潮 干支:  壬辰 六曜: 赤口


今日のあれこれ: 

[4K]【日本の絶景】尾瀬の水芭蕉 Superb view of japan, Oze national park spring 2020


https://youtu.be/Y9z1Ryj156A



『水芭蕉(みずばしょう/みづばせう) 仲夏
2010/03/22

【解説】
サトイモ科の大形多年草。主に中部以北の山地湿原に群生する。地下に大きな球状の根茎があり、五、六月にかけて雪白色の美し苞を持った黄緑色の花穂を出す。葉は芭蕉に似ている。』
(季語と歳時記)



水芭蕉の俳句:


・踏めば鳴る木道尾瀬の水芭蕉  有山真子


・熊除けの鈴につきゆき水芭蕉  平野無石


・雨上る明日は訪ねむ水芭蕉   増田一代


・雨あとの水澄むはやさ水芭蕉   藤野力


・一花咲きたちまち百花水芭蕉   たむらちせい


・花ごとに在すみほとけ水芭蕉  山田みづえ




水芭蕉と言えば尾瀬。
尾瀬の水芭蕉の盛りは6月初旬、一面に咲き乱れる尾瀬らしい光景は中旬までだそうだ。
 
動画に見られる水芭蕉の群れ咲く光景はそろそろお終いの時を迎えるのだろうか。

尾瀬は縁がなくて、行ったことがない。
世の中がザワザワして落ち着かない2020年。
山があり海があり空があり雲がある。
その様な場所に花を見たり潮騒を聞いたり鳥の囀りに耳を澄ませたりする。

それが生きることだと思う。





関連記事

最終更新日 : 2020-06-18

Comment







管理者にだけ表示を許可