2020/05/31 日記  走り梅雨 - 菜花亭日乗
FC2ブログ

菜花亭日乗

菜花亭笑山の暇つぶし的日常のつれづれ。 散歩する道筋は、日本酒、俳句、本、音楽、沖縄、泡盛、カメラに...etc

Top Page › (2)日記 › 2020/05/31 日記  走り梅雨
2020-05-31 (Sun)  16:42

2020/05/31 日記  走り梅雨

2020/05/31 () 旧暦:  49日 祝日・節気・雑節・朔望:   日出:  426分 日没:  1850分 月出:  1229分 月没:  052分 月齢:  8.39 潮汐:  小潮 干支:  甲戌 六曜: 赤口


今日のあれこれ: 走り梅雨

「里山散歩 走り梅雨 ミズイロオナガシジミなど  201667 (4K)


https://youtu.be/SBlhpUCas4E



『迎へ梅雨: 梅雨の走り、前梅雨、走り梅雨
(むかえづゆ/むかへづゆ)
2010/03/26

  初夏

梅雨入りする前の五月下旬に、梅雨のごとく降る雨のこと。そのまま梅雨入りすることもあるが、回復して晴れの日が続くこともある。』
(季語と歳時記)



走り梅雨の俳句:


・走り梅雨豚が運搬されてゆく   定梶じょう


・独りぼりちの雀迷子か走り梅雨   齋藤晴夫


・忘れゐし一病兆す走り梅雨  幕内千恵


・雷の御堂をゆする走り梅雨   坂北濤


・裏庭に住みつく蟇や走り梅雨   橋本貞二




五月最終日の今日は、曇り、雨、風の定まらないお天気になった。
 折しも、気象庁は今日、四国の梅雨入りを発表した。
平年より5日早い梅雨入りで、遅かった昨年に比べると26日も早い梅雨入りだ。
 もう、10日も過ぎれば、東海地方も梅雨入りだろう。

爽やかな聖五月の昨日から、梅雨近しを予感させる今日。
自粛が解除され人出の増えた街には、コロナ禍の第2波がやってくる気配だ。


走り梅雨の例句を読んでいると、コロナのいる今年だけではなく、走り梅雨の頃には、俳人たちは、この先何か起きそうな、不安を感じている。

先のことは判らない、気迷いごとと考えるのが合理的だ。
さりながら、最近、長野、岐阜北部に地震が続いている。
北海道から沖縄まで地震が起きている、地震列島日本、珍しくもないと切り捨てるのは簡単だが。
弱り目に祟り目という諺もある。

転ばぬ先の杖という言葉もあった。






関連記事

最終更新日 : 2020-05-31

Comment







管理者にだけ表示を許可